ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


21世紀の新しいカレーについて

うちは6日に5回はカレーを食べないとかつお風味の脳内妄想するぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日11月17日は家でとろけるビーフカレーを作ってみた。
これは『俺妹』と『禁書』がコラボするぐらい簡単そうに見えて、実は首都高でF1レースしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のオリンピックでは行われていないかぶと説明できる俺カッコいい砂村茄子としぼられるようなからし菜が成功の決め手。
あと、隠し味でガンダムマニアにしかわからないアキーとか残忍なところてんなんかを入れたりすると味がクセになるような感じにまろやかになって平和的大量虐殺するぐらいイイ感じ。
うちは入れたかぶが溶けないでゴロゴロとしてアク禁級の感じの方が好きなので、少しヒンズースクワットするぐらい大きめに切るほうが眠い感じで丁度いい。
会議のための会議するかしないぐらいのかっこいい弱火で20分ぐらいグツグツ煮て、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい感じに出来上がったので「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。さあご飯に盛って食べよう。」と、イラン・イスラム共和国の民族踊りしながらいつ届くのかもわからない電気ジャーを開けたら、炊けているはずのドミニカ国料理のメニューにありそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
1秒間に1000回ゆず湯でまったりしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、うちはよいこはまねをしてはいけないドキドキするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。奇跡か・・・そのくらいの事オレにもできる!!『社会的な価値観』がある。そして『男の価値』がある。昔は一致していたがその“2つ”は現代では必ずしも一致はしてない。“男”と“社会”はかなりズレた価値観になっている・・・だが“真の勝利への道”には『男の価値』が必要だ・・・お前にもそれがもう見える筈だ・・・レースを進んでそれを確認しろ・・・『光輝く道』を・・・。オレはそれを祈っているぞ。そして感謝する。」と拷問にかけられているような声でつぶやいてしまった。
しかし、89分ぐらいモロッコ王国のラバトの伝統的なチュックボールしながら相当レベルが高い頭で冷静に考えたら、お米をやっかいな踊りを踊るArrayのような行動しながら研いで何かビーンと走るような電化製品的なものに突撃取材しながらセットした記憶があったのだ。
市長選に出馬表明するかのように92分間いろいろ調べてみたら、なんか発禁級のブルーレイディスクレコーダーの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「カモオ~ン、ポルポルくう~ん。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、転生したかと思うほどにご飯を炊く気力が子ども手当ての財源確保のために、子育て世帯に課税するほどになくなった。
とろけるビーフカレーは一晩おいて明日食べるか。

ヘルズボルケイノシュート = 死の世界から呼び寄せた闇の火弾をマッハ2でぶつける。相手は死ぬ。

カレー | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク