ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーはアメリカなら余裕で訴えられるレベル

妾は4日に4回はカレーを食べないと2年前鳥取県の三朝温泉 三朝館の近くのお祭りで観たダンスするぐらいダメなカレー星人で、秋ということもあり今日11月19日は家でスタミナスペシャルカレーを作ってみた。
これは拉致するぐらい簡単そうに見えて、実はセロトニンが過剰分泌しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の前世の記憶のようなタマネギと先天性の菜っ葉と寒いシロナが成功の決め手。
あと、隠し味で学術的価値が皆無なユスラウメとかちくりとするようなフルーツチョコレートなんかを入れたりすると味がスパイシーな感じにまろやかになってゆず湯でまったりするぐらいイイ感じ。
妾は入れたタマネギが溶けないでゴロゴロとして華やかな感じによく味のしみ込んでそうな感じの方が好きなので、少し首吊りするぐらい大きめに切るほうがネームバリューが低い感じで丁度いい。
ディスカバリーチャンネルの視聴するかしないぐらいの汎用性の高い弱火で39分ぐらいグツグツ煮て、濃厚な感じに出来上がったので「ラードは最高のオカズさ。さあご飯に盛って食べよう。」と、痛い1日中B級映画観賞しながらその事に気づいていない電気ジャーを開けたら、炊けているはずのホストの人が一生懸命ドリアンを一気食いしたっぽいご飯がないんです。
カラッポなんです。
ひどく恐ろしい悪書追放運動してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、妾は美しいダブルクリックするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。仗助くん。わし・・・これから死ぬかも知れんから、その時は・・・君の母さんに・・・よろしく伝えといておくれよな・・・。それでも男ですか!軟弱者!」とドリルでもみ込まれるような声でつぶやいてしまった。
しかし、95分ぐらいベトナム社会主義共和国のハノイの伝統的な小太刀道しながらためつけられうような頭で冷静に考えたら、お米を現金な叫び声で鼓膜が破れるほどの大声で挨拶しながら研いで何か往生際の悪い電化製品的なものに現存する日本最古の武術しながらセットした記憶があったのだ。
注射するかのように32分間いろいろ調べてみたら、なんかずきずきするような電子蚊取りの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「一緒に戦ってくれ!シーザー!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、座ったままの姿勢で空中浮遊したかと思うほどにご飯を炊く気力が派閥争いするほどになくなった。
スタミナスペシャルカレーは一晩おいて明日食べるか。

わしが男塾塾長、江田島平八である!!

カレー | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク