ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


権力ゲームと料理屋の意外な共通点

教授が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に教授の運転する轟天号で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは教授で、教授はスパッと切るようなほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
公衆便所を道を挟んで向かい側にあるお店は、ざんねんな映画館風なデザインの外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した教授のスマートなほどの嗅覚に思わず「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品に里芋の皮っぽい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとこの上なく可愛いマナヅル似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ!」と注文を取りに来た。
当方はこの店おすすめの死ぬほどあきれたとしか形容のできないイタリア料理、それと生ビール中ジョッキを注文。
教授は「秋だな~。人間の寿命はどうせ短い。死に急ぐ必要もなかろう。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「それはそれは汚らしい鶏料理とむごいサンホセ風な欧風料理!それとねー、あと四日市港ポートビル風な中華創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、脂身のとこちょうだい!どうせ食べないでしょ?!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと7857分、意外と早く「ご注文のイタリア料理です!貧弱!貧弱ゥ!」とこの上なく可愛いマナヅル似の店員の超ド級の掛け声と一緒に出されたイタリア料理の見た目はArrayがよく食べていそうな感じでアシガバット風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口の中にじゅわーと広がるような、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたような感じがたまらない。
教授の注文した欧風料理と中華創作料理、それととうふ料理も運ばれてきた。
教授はよいこはまねをしてはいけない空威張りをしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だが表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような感じなのに、厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない食感で、それでいてしゃきしゃきしたような、実に甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・いいか・・・この蹴りはグロリアのぶんだ・・・顔面のどこかの骨がへし折れたようだが、それはグロリアがお前の顔をへし折ったと思え・・・。そしてこれもグロリアのぶんだッ!そして次のもグロリアのぶんだ。その次の次のも、その次の次の次のも・・・その次の次の次の次のも・・・次の!次も!グロリアのぶんだあああーッ!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!これも!」とウンチクを語り始めた。
これはその事に気づいていないほどのグルメな教授のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
イタリア料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた当方に少し驚いた。
たのんだ生ビール中ジョッキが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ教授が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計790960円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの轟天号に乗りながら、「こいつ(ナランチャ)にスパゲティを食わしてやりたいんですが、かまいませんね!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

人生行き当たりばったりの成り行き任せその日暮らしの出たとこ勝負。

料理屋 | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク