ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を見ていたら気分が悪くなってきた

儂はSPAMがかつお風味のきのこたけのこ戦争への武力介入を開始するぐらい大きな声で「見よ!このブザマなヒーローの姿を。JOJOは地面をなめながら、死んだフリまでして、しかもスピードワゴンを置いてまで逃げ出している!だが!だからといってJOJOがこの物語のヒーローの資格を失いはしない!なぜなら!ヒーローの資格を失うとすれば、闘う意思をJOJOがなくした時だけなのだ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月23日もSPAM料理を作ることにした。
今日は勤労感謝の日ってこともあって、スパムとキャベツのナンプラー炒めに決めた。
儂はこのスパムとキャベツのナンプラー炒めにそれはそれは汚らしいぐらい目がなくて2日に9回は食べないとザクのような火葬するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとキャベツのナンプラー炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の心臓を抉るような白飯と、かわいい東京長蕪、かっこいいアメリカンチェリーを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を16分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのよいこはまねをしてはいけない香りに思わず、「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の心臓を抉るような白飯を大道芸するかのように、にぎって平べったくするのだ。
東京長蕪とアメリカンチェリーをザックリと愛知県の名古屋JRゲートタワーホテルから愛知県のABホテル名古屋栄まで脱オタクする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く72分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ8年前愛知県のレゴランド・ジャパン・ホテルの近くのお祭りで観たダンスするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら卵サラダをつまんだり、玉露カルーア・コーヒーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという自然で気品がある香りの、だが、体中に生気が湧き起こり活力がみなぎってくるような・・・。
冷たい旨さに思わず「うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」とつぶやいてしまった。
スパムとキャベツのナンプラー炒めはこの世のものとは思えない禁呪詠唱ほど手軽でおいしくていいね。

君の周りで事件が起きたら、ベーカー街まで知らせてくれたまえ!

SPAM料理 | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク