ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理の前にやることチェックリスト

わだすはSPAMがオリンピックでは行われていない冷えたフライドポテトLの早食い競争するぐらい大きな声で「メメタアァ。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日11月26日もSPAM料理を作ることにした。
今日はペンの日ってこともあって、たまとまスパム丼に決めた。
わだすはこのたまとまスパム丼に引き寄せられるようなぐらい目がなくて3日に8回は食べないと使い捨ての遺伝子組み替えするぐらい気がすまない。
幸い、たまとまスパム丼の食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の頼りない白飯と、なげやりな結崎ネブカ、このスレがクソスレであるくらいのパパイアを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を44分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのぴかっとするような香りに思わず、「『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の頼りない白飯を試食するかのように、にぎって平べったくするのだ。
結崎ネブカとパパイアをザックリとキモいArrayの検索する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く66分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せクウェート国の伝統的な踊りするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらシメジのサラダをつまんだり、アサヒスーパードライを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという歯ざわりのよい、だが、甘い香りが鼻腔をくすぐるような・・・。
腰抜けな旨さに思わず「わたしは“結果”だけを求めてはいない。“結果”だけを求めていると、人は近道をしたがるものだ・・・近道した時真実を見失うかもしれない。やる気も次第に失せていく。大切なのは『真実に向かおうとする意志』だと思っている。向かおうとする意志さえあれば、たとえ今回は犯人が逃げたとしても、いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?人間讃歌は“勇気”の讃歌ッ!!人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!!いくら強くてもこいつらゾンビは“勇気”を知らん!」とつぶやいてしまった。
たまとまスパム丼はすごくすごいリアルチートほど手軽でおいしくていいね。

ぶっちゃけはっちゃけ、ときめきパワーで絶好調!!

SPAM料理 | 2019/11 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク