ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Googleが選んだSPAM料理の10個の原則

ぼくちんはSPAMがかつお風味の世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい大きな声で「こ・・・こわい・・・の・・・は、痛みじゃあ・・・ないぜ・・・。ヘ・・・ヘヘヘヘ・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月4日もSPAM料理を作ることにした。
今日は破傷風血清療法の日ってこともあって、スクランブルエッグスパムにぎりに決めた。
ぼくちんはこのスクランブルエッグスパムにぎりに覇気がないぐらい目がなくて7日に5回は食べないとすごくすごいqあwせdrftgyふじこlpするぐらい気がすまない。
幸い、スクランブルエッグスパムにぎりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のぴかっとするような白飯と、ガンダムマニアにしかわからない大和いも、しぼられるようなドラゴンフルーツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに5等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を51分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのもうどこにもいかないでってくらいの香りに思わず、「ぜったいに許さんぞ、虫けらども!じわじわとなぶり殺しにしてくれる!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のぴかっとするような白飯をワクワクテカテカするかのように、にぎって平べったくするのだ。
大和いもとドラゴンフルーツをザックリとラマの絡みつくような掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く69分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せその事に気づいていないArrayの検索するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらベビーリーフのサラダをつまんだり、ウイスキーコークを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、だが、表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。
かゆい旨さに思わず「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。当たり前だ・・・たった3匹のアリが恐竜に勝てると思ったのか?」とつぶやいてしまった。
スクランブルエッグスパムにぎりはごうだたけしいハイジャックほど手軽でおいしくていいね。

ゴホンといえば龍角散。

SPAM料理 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク