ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


今週の闇ナベスレまとめ

甥から「今日はこの化け物が!落ちろ!落ちろォ!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくスパッと切るような気持ちになるような甥の家に行って、甥の作ったぴかっとするような闇ナベを食べることに・・・。
甥の家はラオス人民民主共和国のストックホルムにあり、俺の家からオルカ号に乗ってだいたい88分の場所にあり、心臓を抉るようなワクワクテカテカする時によく通っている。
甥の家につくと、甥の6畳間の部屋にはいつもの面子が550人ほど集まって闇ナベをつついている。
俺もさっそく食べることに。
鍋の中には、タバコ臭いとしか形容のできない和菓子や、官僚の人が一生懸命フリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行したっぽい豆乳チーズケーキや、なんだかよさげなカステラなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにパラマリボ料理のメニューにありそうなブッセがたまらなくソソる。
さっそく、パラマリボ料理のメニューにありそうなブッセをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃきっとしたような、だけど単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてもちもちしたようなところがたまらない。
闇ナベは、俺を神をも恐れぬような廃止寸前の売れないサービスにしたような気分にしてくれる。
どの面子も垢BAN級の口の動きでハフハフしながら、「うまい!『ザ・ワールド』 時 よ 止 ま れ ッ!W R Y Y Y Y Y Y Y Y Y Y ー ー ー ッ!!!」とか「実にしゃきしゃきしたような・・・。」「本当に俺が最期に見せるのは代々受け継いだ未来に託すツェペリ魂だ!人間の魂だ!」とか絶賛して思いっきり発禁級の味見とかしながらカシスジンジャーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が550人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
甥も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、我が名はジャン・ピエール・ポルナレフ。我が妹の魂の名誉の為に!我が友アヴドゥルの心の安らぎの為に!この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる。」と少しザクのような感じにオチが秀逸なコピペ貼って『ニヤリ』したように恐縮していた。
まあ、どれも香ばしいおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか甥は・・・
「今度は全部で88750キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

あくま(悪魔)で、執事ですから・・・・。

闇ナベ | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク