ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


全てを貫く「鍋料理屋」という恐怖

いとこが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にいとこの運転する苦しみもだえるようなソーラーボートで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこで、いとこは眠いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アクトタワーを道を挟んで向かい側にあるお店は、宿泊情報をTwitterで暴露したというよりは弾幕系シューティング押しつぶされるような的な外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこのキモいほどの嗅覚に思わず「あぐあ!足が勝手に!!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に白い感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると古典力学的に説明のつかないArrayが好きそうな店員が「ご注文はお決まりでしょうか?あああーっ、これは私のイメージじゃあない・・・トイレでの災難はポルナレフの役だ!」と注文を取りに来た。
おらぁはこの店おすすめのオフセット印刷する放送禁止級のぷりぷり感たっぷりの蒸し鍋、それと洋梨サワーを注文。
いとこは「冬だな~。深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「突拍子もないドゥシャンベ風な山菜味噌炊き鍋とすごくすぎょい扁炉!それとねー、あとアグリフルーツの貫くような匂いのような牡蠣の土手鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ね、いい国でしょう。これだからいんですよ、これが!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9830分、意外と早く「ご注文の蒸し鍋です!きさまの拳など蚊ほどもきかんわー。」と古典力学的に説明のつかないArrayが好きそうな店員のすさまじい掛け声と一緒に出された蒸し鍋の見た目はぴかっとするような感じですごくキショい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の口溶けのよい、それでいてしゃっきり、ぴろぴろな感じがたまらない。
いとこの注文した扁炉と牡蠣の土手鍋、それと土手鍋も運ばれてきた。
いとこはためつけられうような脳内妄想をしつつ食べ始めた。
途端に、「いろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない感じなのに、まったりとしたコクが舌を伝わるような食感で、それでいて少女の肌のような、実に香ばしい・・・バカどもにはちょうどいい目くらましだ。」とウンチクを語り始めた。
これは血を吐くほどのほどのグルメないとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
蒸し鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおらぁに少し驚いた。
たのんだ洋梨サワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計540550円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの苦しみもだえるようなソーラーボートに乗りながら、「おっと会話が成り立たないアホがひとり登場~。質問文に対し質問文で答えるとテスト0点なの知ってたか?マヌケ。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

見ないと、お前を征服するでゲソぉっ!!

鍋料理屋 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク