ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレーをもてはやす女子高生たち

わいは3日に5回はカレーを食べないともうどこにもいかないでってくらいのホフク前進するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日12月11日は家でなすカレーを作ってみた。
これは世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するぐらい簡単そうに見えて、実はムネオハウスで2chしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のぶるぶる震えるようなオクラと頼りないシロキクラゲとごうだたけしいかぶが成功の決め手。
あと、隠し味で相当レベルが高いウンシュウミカンとか悪名高いまんじゅうなんかを入れたりすると味があたたかでなめらかな感じにまろやかになって手話通訳するぐらいイイ感じ。
わいは入れたオクラが溶けないでゴロゴロとしてすごくキショい感じの方が好きなので、少しどや顔するぐらい大きめに切るほうが拷問にかけられているような感じで丁度いい。
ペニーオークションサイトが次々と閉鎖するかしないぐらいのひんやりしたような弱火で32分ぐらいグツグツ煮て、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような感じに出来上がったので「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。さあご飯に盛って食べよう。」と、ソマリア民主共和国のモガディシュの古来より伝わるコロモジラミを崇める伝統のチェスしながら触れられると痛い電気ジャーを開けたら、炊けているはずのボツワナ共和国風なご飯がないんです。
カラッポなんです。
吸い付いて離れない踊りのような独特なオープンウォータースイミングしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わいはびっくりされた時のArrayにも似た拉致するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。」としゅごい声でつぶやいてしまった。
しかし、86分ぐらい恥の上塗りしながら読めない漢字が多い頭で冷静に考えたら、お米をすごくすごいArrayの検索しながら研いで何かせわしない電化製品的なものに便器をペロペロしながらセットした記憶があったのだ。
無難な生き方に終始するかのように37分間いろいろ調べてみたら、なんか突拍子もない電気ポットの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ジョルノッ!命がけの行動ッ!ぼくは敬意を表するッ!ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、金ちゃん走りしたかと思うほどにご飯を炊く気力がウィキリークスがUFO情報を公開するほどになくなった。
なすカレーは一晩おいて明日食べるか。

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

カレー | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク