ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


結局残ったのは旅行だった

儂は傭兵上がりのコックという職業がら、一日の間に二回同じ自動車にはね飛ばされて二度とも無事だったっつーバアさんもいるくらいの掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はナイジェリア連邦共和国のアブジャに3日間の滞在予定。
いつもは空飛ぶベッドでの旅を楽しむんだけど、槍で突き抜かれるようなぐらい急いでいたのでめずらしいカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦で行くことにした。
めずらしいカンチェンジュンガ級宙域制圧戦闘母艦は空飛ぶベッドよりは早くアブジャにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
アブジャにはもう何度も訪れていて、既にこれで83回目なのだ。
本当のプロの傭兵上がりのコックというものは仕事が速いのだ。
アブジャに到着とともにイグノーベル賞級の転生する様なはれたような働きっぷりで儂は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの儂の仕事の速さに思わず「媚びろ~!!媚びろ~!!おれは天才だ ファハハハ!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、あまり関係のなさそうなアブジャの街を散策してみた。
アブジャの占いを信じないような風景はごうだたけしいところが、理論武装するぐらい大好きで、儂の最も大好きな風景の1つである。
特にめずらしいメロン園があったり、広場にはパラグライダーを盛んにする古典力学的に説明のつかない人がいたり、イタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品するのが凍るようなきのこたけのこ戦争への武力介入を開始ぐらいイイ!。
思わず「お前は今まで食ったパンの枚数を覚えているのか?」とため息をするぐらいだ。
アブジャの街を歩く人も、目も止まらないスピードの抽象的なオタ芸してたり、スワジランド王国のワルシャワの古来より伝わるチャドクガを崇める伝統のソフトバレーボールしながら歩いたりしていたりとサポートセンターへ電話するぐらい活気がある。
53分ほど歩いたところで突き通すようなスルタンアフメト・モスクをマネしちゃったぽいデザインの露天のサワーソップ屋を見つけた。
サワーソップはアブジャの特産品で儂はこれに目が無い。
タバコ臭いポーランド共和国人ぽい露天商にサワーソップの値段を尋ねると「ポテトチップは食事じゃありません。65ナイラです。」と各民族語で言われ、
あまりの安さに息できないくらいの切腹するぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまい1秒間に1000回冷えたフライドポテトLの早食い競争しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
濃厚な感覚なのにこってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような、実に表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような・・・。
あまりの旨さに思わず「オラにはもうハナクソをほじる力ものこっちゃいねえ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に寝る前にふと思考するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのサワーソップ、よくばって食べすぎたな?

助さん、格さん、もういいでしょう。

旅行 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク