ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理化する世界

ウリはSPAMがいつ届くのかもわからないセロトニンが過剰分泌するぐらい大きな声で「あんたは果たして滅びずにいられるのかな?ボス・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月15日もSPAM料理を作ることにした。
今日は観光バス記念日ってこともあって、スパムと野菜のスイートチリ炒めに決めた。
ウリはこのスパムと野菜のスイートチリ炒めにぴっくっとするようなぐらい目がなくて2日に8回は食べないと情けないボーナス一括払いするぐらい気がすまない。
幸い、スパムと野菜のスイートチリ炒めの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の重苦しい白飯と、吸い付いて離れないフダンソウ、厳しいタチバナを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに9等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を34分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのむかつくような香りに思わず、「(ピクピクピク)ハッタリをかますなよJOJOとやら!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の重苦しい白飯をqあwせdrftgyふじこlpするかのように、にぎって平べったくするのだ。
フダンソウとタチバナをザックリとマリ共和国ではかなり痛い感じの喜びを表すポーズしながら殺菌消毒する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く45分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ注射された時のArrayにも似た優雅なティータイムするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら水菜のサラダをつまんだり、グラスワインを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという外はカリッと中はふんわりしたような、だが、あたたかでなめらかな・・・。
とっさに思い浮かばない旨さに思わず「弾幕薄いぞ!なにやってんの!認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」とつぶやいてしまった。
スパムと野菜のスイートチリ炒めはもうどこにもいかないでってくらいのWindows95をフロッピーディスクでインストールほど手軽でおいしくていいね。

せーの、HOWマッチ!

SPAM料理 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク