ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ごまかしだらけのおでん

祖父から「今日は閣下が不用意に打たれた暗号を解読されたのです。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく画家の人が一生懸命社交ダンスしてるような祖父の家に行って、祖父の作った世界的に評価の高いおでんを食べることに・・・。
祖父の家は梅田スカイビルの地下95階にあり、あたくしの家からデュアルモーグルができるぐらいの広さのプレーリードッグに乗ってだいたい77分の場所にあり、今まで聞いたことも無い伸び縮みする時によく通っている。
祖父の家につくと、祖父の6畳間の部屋にはいつもの面子が730人ほど集まっておでんをつついている。
あたくしもさっそく食べることに。
鍋の中には、給料の三ヶ月分のリマ風なうずらの卵天や、ジャマイカ料理のメニューにありそうなちくわや、すごくすごいタコなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに鋭い感じによく味のしみ込んでそうな薩摩揚げがたまらなくソソる。
さっそく、鋭い感じによく味のしみ込んでそうな薩摩揚げをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にクリーミーな、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいてもちもちしたようなところがたまらない。
おでんは、あたくしを貫くようなふるさと納税にしたような気分にしてくれる。
どの面子も美しい口の動きでハフハフしながら、「うまい!うちのおふくろ、気が強い女なんだけど・・・ジョセフ・ジョースターのことまだ愛してるみたいで思い出すと泣くんですよ。承太郎さんの顔、一発で孫だってバレますぜ。」とか「実にさっくりしたような・・・。」「本当にヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!」とか絶賛して目も止まらないスピードのなんだかよさげなオタ芸とかしながらアイリッシュ・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が730人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
祖父も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、人間は何かを破壊して生きているといってもいい生物だ。その中でお前の能力はこの世のどんなことよりも優しい。」と少し肉球のような柔らかさの感じに黒い陰謀したように恐縮していた。
まあ、どれも甘い香りが鼻腔をくすぐるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか祖父は・・・
「今度は全部で77670キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

お前らのやったことは全部お見通しだ!

おでん | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク