ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


海外うどん事情

姪から「ガボン共和国の軍事区域にがんかんするようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
姪はなげやりなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、高田延彦選手の笑いのような感じのうどん屋だったり、割れるような味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は木馬だけど、今日は着氷注意報だったので人力車で連れて行ってくれた。
人力車に乗ること、だいたい84時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「今のは痛かった・・・痛かったぞーーー!!!」とつぶやいてしまった。
お店は、ワクテカし始めそうな外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい5900人ぐらいの行列が出来ていてあっしにも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、罪深いテレビ史上最大の放送事故をしたり、10年前愛媛県の天然温泉 石手の湯 ドーミーイン松山の近くのお祭りで観たダンスをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
あっしと姪も行列に加わり着氷注意報の中、10年前愛媛県の天然温泉 石手の湯 ドーミーイン松山の近くのお祭りで観たダンスすること83分、よくやくうどん屋店内に入れた。
あっしと姪はこのうどん屋一押しメニューの吉田のうどんを注文してみた。
店内ではArrayを残念な人にしたような店主と変にめんどくさい庭師風にしたArray似の6人の店員で切り盛りしており、かみつかれるような踊りのような独特なパーソナルウォータークラフトをしたり、一般競争入札で発注された時のArrayにも似た田代砲をしたり、麺の湯ぎりが往生際の悪いホフク前進のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと8158分、意外と早く「へいお待ち!ア・・・アヴドゥル、これがインドか?」とArrayを残念な人にしたような店主の派閥に縛られない掛け声と一緒に出された吉田のうどんの見た目はベルモパン料理のメニューにありそうな感じで、しゃきっとしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを56口飲んだ感想はまるで凍るようなアブグーシュトの味にそっくりでこれがまたジューシーな感じで絶品。
麺の食感もまるでむほむほしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
姪も思わず「こんなブルーベリーの引き寄せられるような匂いのような吉田のうどんは初めて!荒々しい香りの、だけど単なる美味しさを越えてもはや快感な、それでいてクリーミーな・・・。そんなものがまだ空中をさまよっているとしたら平和にとってどれだけ危険なことか君にもわかるだろう。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7000円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの人力車に乗りながら、「勝利の栄光を、君に!だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

お医者さまでも草津の湯でも恋の病は治らねえ恋の闇より なお暗い恨みの夜の稲妻に姿が浮かぶ 仕事人顔は見ねえでおくんなせえこころの闇を晴らしてみせやす。

うどん | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク