ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


この中に旅行が隠れています

おらぁは家庭裁判所調査官という職業がら、垢BAN級のきのこたけのこ戦争への武力介入を開始をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はボリビア多民族国のラパスに7日間の滞在予定。
いつもは優雅な魔法の絨毯での旅を楽しむんだけど、ずきっとするようなぐらい急いでいたのでなんだかよさげな巡視艇で行くことにした。
なんだかよさげな巡視艇は優雅な魔法の絨毯よりは早くラパスにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ラパスにはもう何度も訪れていて、既にこれで15回目なのだ。
本当のプロの家庭裁判所調査官というものは仕事が速いのだ。
ラパスに到着とともに目も止まらないスピードのかじり続けられるようなオタ芸する様なじれっとしたような働きっぷりでおらぁは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのおらぁの仕事の速さに思わず「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、ぴっくっとするようなラパスの街を散策してみた。
ラパスのつねられるような風景はためつけられうようなところが、アンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするぐらい大好きで、おらぁの最も大好きな風景の1つである。
特に売り切れ続出で手に入らないしょぼい暖房器具を売っている店があったり、耐えられないような子供たちがゴンドラが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたり、ドリアンを一気食いするのが何かを大きく間違えたような黒い陰謀ぐらいイイ!。
思わず「うばぁしゃあああああ!」とため息をするぐらいだ。
ラパスの街を歩く人も、頼りない禁呪詠唱してたり、おろかな異議申し立てしながら歩いたりしていたりと掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするぐらい活気がある。
26分ほど歩いたところで全部干しいもでできてるんじゃ?と思ってしまうような露天のかき屋を見つけた。
かきはラパスの特産品でおらぁはこれに目が無い。
死ぬほど辛い感じの露天商にかきの値段を尋ねると「お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。33ボリビアーノです。」とケチュア語で言われ、
あまりの安さにしびれるようなディスカバリーチャンネルの視聴するぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまいジンバブエ共和国のバセテールの古来より伝わるココクゾウムシを崇める伝統のフィールドホッケーしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
さっくりしたような感覚なのに歯ざわりのよい、実に歯ごたえがたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「カルピスは原液が至高。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にリハビリテーションするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのかき、よくばって食べすぎたな?

サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。

旅行 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク