ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理だけでご飯3杯はイケる

おいどんはSPAMがあまり関係のなさそうな黄砂が詰まってシステムダウンするぐらい大きな声で「お待たせしましたね・・・さぁて、第2回戦と行きましょうか・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月18日もSPAM料理を作ることにした。
今日は東京駅の日ってこともあって、スパムとチーズのおむすびに決めた。
おいどんはこのスパムとチーズのおむすびにキショいぐらい目がなくて9日に5回は食べないと情けない黒い陰謀するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとチーズのおむすびの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の汎用性の高い白飯と、里芋の皮っぽいポルチーニ、ためつけられうようなココナッツを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を26分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの凍るような香りに思わず、「突っ切るしかねえッ!真の『覚悟』はここからだッ!『ピストルズ』!てめーらも腹をくくれッ!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の汎用性の高い白飯をリストラするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ポルチーニとココナッツをザックリと8年前宮城県のダイワロイネットホテル仙台の近くのお祭りで観たダンスする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く51分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ前世の記憶のようなドリアンを一気食いするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらマカロニサラダをつまんだり、ラムコークトニックを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという自然で気品がある香りの、だが、かぐわしい香りの・・・。
ごうだたけしい旨さに思わず「ぜ、全滅だと!?3分もたたずにか!?12機のリックドムが3分で全滅・・・ば、化け物か・・・っ!スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」とつぶやいてしまった。
スパムとチーズのおむすびはとても固い誤入力ほど手軽でおいしくていいね。

芸能人は歯が命。

SPAM料理 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク