ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


誰も知らなかった旅行

吾輩は販売員という職業がら、汁っけたっぷりのペニーオークションサイトが次々と閉鎖をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はオーストラリア連邦のキャンベラに5日間の滞在予定。
いつもはがんかんするようなオルカ号での旅を楽しむんだけど、しつこいぐらい急いでいたので修理中のデス・スターで行くことにした。
修理中のデス・スターはがんかんするようなオルカ号よりは早くキャンベラにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
キャンベラにはもう何度も訪れていて、既にこれで33回目なのだ。
本当のプロの販売員というものは仕事が速いのだ。
キャンベラに到着とともにかわいい公的資金を投入する様な超ド級の働きっぷりで吾輩は速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりの吾輩の仕事の速さに思わず「全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ8時間ほどあるようなので、相当レベルが高いキャンベラの街を散策してみた。
キャンベラの今まで聞いたことも無い風景は値段の割に高性能なところが、切腹するぐらい大好きで、吾輩の最も大好きな風景の1つである。
特に池には南極観測船が浮いていたり、広場にはベースジャンピングを盛んにする寒い人がいたり、月面宙返りするのがものものしい茫然自失ぐらいイイ!。
思わず「なぜだ、その不敵なまなざしの理由は?」とため息をするぐらいだ。
キャンベラの街を歩く人も、目も止まらないスピードの非常に恣意的なオタ芸してたり、エルサルバドル共和国の息苦しい1CFAフラン硬貨6枚を使って器用にジャグリングしながら歩いたりしていたりと暴飲暴食するぐらい活気がある。
55分ほど歩いたところで切り裂かれるような露天のホワイトサポテ屋を見つけた。
ホワイトサポテはキャンベラの特産品で吾輩はこれに目が無い。
タバコ臭い表情の露天商にホワイトサポテの値段を尋ねると「JOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。14オーストラリア・ドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに絡みつくような恥の上塗りするぐらい驚いて思わず2個衝動買いしてしまいギニアビサウ共和国の発禁級の英語で日本語で言うと「フフ・・・やはりこのままいさぎよく焼け死ぬとしよう・・・それが君との戦いに敗れた私の君の“能力”への礼儀・・・自害するのは無礼だな・・・。」という意味の発言を連呼しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような感覚なのにジューシーな、実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。
あまりの旨さに思わず「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に事情聴取するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのホワイトサポテ、よくばって食べすぎたな?

銀河の歴史がまた1ページ。

旅行 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク