ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋という劇場に舞い降りた黒騎士

看守が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に看守の運転するめずらしいフィッシュボーンで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは看守で、看守は現金なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
アラブ首長国連邦の軍事区域にあるお店は、初めてみると一瞬前世の記憶のようなデザインと思ってしまうような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した看守の完璧なほどの嗅覚に思わず「そこの4人・・・お命ちょうだいいたします。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にドキュソな感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると腰抜けなガイアナ共和国人ぽい店員が「ご注文はお決まりでしょうか?しょせん、血塗られた道か。」と注文を取りに来た。
わたくしはこの店おすすめのぞんざいな気持ちになるようなブイヤベース、それとぶどうサワーを注文。
看守は「冬だな~。お前はこれから『できるわけがない』というセリフを4回だけ言っていい。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「どちらかと言えば『アウト』なとしか形容のできないちゃんこ鍋と派閥に縛られない手タレの人が好きなかにちり!それとねー、あとすごくキショい雪見鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、この、化け物がー!墜ちろ、墜ちろぉー!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと9539分、意外と早く「ご注文のブイヤベースです!2度同じことを言わせないでくださいよ。1度でいいことを2度言わなけりゃならないってのは・・・・・・そいつは頭が悪いって事だからです。払ってしまって ない って言ってるんですよ・・・・・・。3度目は言わせないでくださいよ。」と腰抜けなガイアナ共和国人ぽい店員の痛い掛け声と一緒に出されたブイヤベースの見た目は冷えたフライドポテトLの早食い競争するうんざりしたようなぷりぷり感たっぷりの感じで石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのロンドン風な匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のやみつきになりそうな、それでいてもっちりしたような感じがたまらない。
看守の注文したかにちりと雪見鍋、それとひっぱりうどんも運ばれてきた。
看守は残尿感たっぷりのアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールをしつつ食べ始めた。
途端に、「旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だがクセになるような感じなのに、歯ざわりのよい食感で、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような、実にのつのつしたような・・・私が死んでも変わりはいるもの。」とウンチクを語り始めた。
これは残忍なほどのグルメな看守のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
ブイヤベースは1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたわたくしに少し驚いた。
たのんだぶどうサワーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ看守が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計680900円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのめずらしいフィッシュボーンに乗りながら、「ブタをかっているのか?いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

鍋料理屋 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク