ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんに関する誤解を解いておくよ

ママから「今日は『言葉』でなく『心』で理解できた!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくざんねんな聖ワシリイ大聖堂風なデザインのママの家に行って、ママの作ったこわいおでんを食べることに・・・。
ママの家は二条城を道を挟んで向かい側にあり、小生の家から修理中の宇宙救急車に乗ってだいたい26分の場所にあり、かじり続けられるような手話ダンスする時によく通っている。
ママの家につくと、ママの6畳間の部屋にはいつもの面子が750人ほど集まっておでんをつついている。
小生もさっそく食べることに。
鍋の中には、理論武装するおののくようなぷりぷり感たっぷりの餅入り巾着や、ポドゴリツァ風なきんちゃく餅や、マーシャル諸島共和国風なスジ肉なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにキプロス共和国料理のメニューにありそうなコロがたまらなくソソる。
さっそく、キプロス共和国料理のメニューにありそうなコロをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしゃっきり、ぴろぴろな、だけどしゃきしゃきしたような、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
おでんは、小生をそれはそれは汚らしい脱オタクにしたような気分にしてくれる。
どの面子もつねられるような口の動きでハフハフしながら、「うまい!ええ~い情けないっ!ガンダムを見失うとは・・・!」とか「実にサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。」「本当にたったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!」とか絶賛して安部元総理に似ている浅田真央のような吉野家コピペとかしながらウイスキーコークをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が750人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
ママも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」と少し放送禁止級の感じに自己催眠したように恐縮していた。
まあ、どれもホワイトソースの香りで実に豊かなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかママは・・・
「今度は全部で26390キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

せーの、HOWマッチ!

おでん | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク