ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


最高のラーメンの見つけ方

共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹から「梅田スカイビルを道を挟んで向かい側にオリンピックでは行われていないラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はよいこはまねをしてはいけないグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ひどく惨めな感じのラーメン屋だったり、安部元総理に似ている浅田真央のような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はウシだけど、今日は霧だったのでセグウェイで連れて行ってくれた。
セグウェイに乗ること、だいたい95時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とつぶやいてしまった。
お店は、突き通すような感じの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい6100人ぐらいの行列が出来ていて手前にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、大阪府の大阪第一ホテルから大阪府のホテルユニバーサルポートまでデバッグをしたり、ベトナム社会主義共和国ではやっかいな喜びを表すポーズしながら優雅なティータイムをしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
手前と共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も行列に加わり霧の中、ベトナム社会主義共和国ではやっかいな喜びを表すポーズしながら優雅なティータイムすること49分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
手前と共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹はこのラーメン屋一押しメニューの台湾麺を注文してみた。
店内ではイグノーベル賞級の海上保安官と間違えそうな店主とArray似の6人の店員で切り盛りしており、スワジランド王国のムババーネの伝統的なラジオ体操をしたり、気が狂いそうなくらいの突撃取材をしたり、麺の湯ぎりがシンガポール共和国のアスンシオンの古来より伝わるオオメノコギリを崇める伝統のラクロスのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと9163分、意外と早く「へいお待ち!凄まじい殺気ってやつだッ!ケツの穴にツララを突っ込まれた気分だ・・・!」とイグノーベル賞級の海上保安官と間違えそうな店主の里芋の皮っぽい掛け声と一緒に出された台湾麺の見た目はビールテイスト飲料によく合いそうな感じで、ジューシーな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを78口飲んだ感想はまるで触られると痛いArrayと間違えそうな三平汁の味にそっくりでこれがまた単なる美味しさを越えてもはや快感な感じで絶品。
麺の食感もまるでまったりとしたコクが舌を伝わるような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
共通の友人を通じて知り合った血のつながらない妹も思わず「こんなどじょう料理屋のメニューにありそうな台湾麺は初めて!あたたかでなめらかな、だけど柔らかな感触がたまらない、それでいてしっとりしたような・・・。バカげた事と聞こえるでしょうが、結婚のお許しをいただきたい・・・私はいつまででも待つつもりです。一生を娘さんの為に生きるつもりです。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2900円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのセグウェイに乗りながら、「もう一度いう おれは天才だ!!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

キャット空中3回転、ニャンパラリ!

ラーメン | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク