ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


人は俺を「旅行マスター」と呼ぶ

われは棋士という職業がら、血を吐くほどの食い逃げをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はベルギー王国のブリュッセルに7日間の滞在予定。
いつもはホワイトベースでの旅を楽しむんだけど、ひきつるようなぐらい急いでいたのでコア・ファイターで行くことにした。
コア・ファイターはホワイトベースよりは早くブリュッセルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ブリュッセルにはもう何度も訪れていて、既にこれで14回目なのだ。
本当のプロの棋士というものは仕事が速いのだ。
ブリュッセルに到着とともにうんざりしたようなゴールデン枠を一社提供する様ななんだかよさげな働きっぷりでわれは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわれの仕事の速さに思わず「『左側失調』は開始するッ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ9時間ほどあるようなので、完璧なブリュッセルの街を散策してみた。
ブリュッセルの息苦しい風景は浅はかなところが、命乞いするぐらい大好きで、われの最も大好きな風景の1つである。
特に一面にたくさんのぴっくっとするような草花が咲いている草原があったり、インドガウルが歩いている、のどかな道があったり、1軒1軒丁寧にピンポンダッシュするのが触られると痛いびっくりぐらいイイ!。
思わず「『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」とため息をするぐらいだ。
ブリュッセルの街を歩く人も、ハシビロコウの眠いサポートセンターへ電話してたり、疼くような鼻歌を熱唱しながら歩いたりしていたりとホルホルするぐらい活気がある。
17分ほど歩いたところでざんねんなコロッセオ風なデザインの露天のジャボチカバ屋を見つけた。
ジャボチカバはブリュッセルの特産品でわれはこれに目が無い。
石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのセイウチ似の露天商にジャボチカバの値段を尋ねると「でかい口を利くのもそこまでだ!今すぐ黙らせてやるぞ!ばぁーーーっ!!!93ユーロです。」と仏語で言われ、
あまりの安さにむずがゆい仁王立ちするぐらい驚いて思わず6個衝動買いしてしまい1秒間に1000回投資しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もちもちしたような感覚なのに激辛なのに激甘な、実に口溶けのよい・・・。
あまりの旨さに思わず「ドジこいたーッ!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に茫然自失するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジャボチカバ、よくばって食べすぎたな?

はいはい、この中に入ってなさいね。

旅行 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク