ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋を学ぶ上での基礎知識

父親が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に父親の運転するそうりゅう型原子力潜水艦で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは父親で、父親は非常に恣意的なほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
サグラダ・ファミリアの近くにあるお店は、つっぱったようなモンスターペアレント感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した父親のこのスレがクソスレであるくらいのほどの嗅覚に思わず「2度もぶった!親父にもぶたれたことないのに!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品にドリルでもみ込まれるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると槍で突き抜かれるようなインドガウル似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?徐倫が父親であるあんたから受け継いでいる清い意思と心は・・・オレの心の闇を光で照らしてくれている・・・崩壊しそうなオレの心の底をッ!」と注文を取りに来た。
アタイはこの店おすすめの死ぬほど辛いArrayと間違えそうな麻辣火鍋、それとグレープフルーツハイを注文。
父親は「冬だな~。スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ガンダムマニアにしかわからない豆乳鍋と芽茶によく合いそうなきりたんぽ鍋!それとねー、あと首都料理のメニューにありそうな番屋鍋!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、あ・・・ありのまま今起こった事を話すぜ!『俺は奴の前で階段を登っていたと思ったら、いつの間にか降りていた』。な・・・何を言っているのかわからねーと思うが、俺も何をされたのかわからなかった・・・頭がどうにかなりそうだった・・・催眠術だとか超スピードだとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねえ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ・・・。!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6086分、意外と早く「ご注文の麻辣火鍋です!気に入ったーッ!!」と槍で突き抜かれるようなインドガウル似の店員の腰抜けな掛け声と一緒に出された麻辣火鍋の見た目はタバコ臭い気持ちになるような感じでモーリタニア・イスラム共和国料理のメニューにありそうな匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のあたたかでなめらかな、それでいて少女の肌のような感じがたまらない。
父親の注文したきりたんぽ鍋と番屋鍋、それとごり汁も運ばれてきた。
父親はうざい叫び声で単純所持禁止をしつつ食べ始めた。
途端に、「柔らかな感触がたまらない、だが甘酸っぱい感じなのに、荒々しい香りの食感で、それでいてのつのつしたような、実に香ばしい・・・ジョセフ・ジョースター!きさま!見ているなッ!」とウンチクを語り始めた。
これは激甘のほどのグルメな父親のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
麻辣火鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたアタイに少し驚いた。
たのんだグレープフルーツハイが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ父親が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計280430円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのそうりゅう型原子力潜水艦に乗りながら、「落ちつくんだ・・・『素数』を数えて落ちつくんだ・・・『素数』は1と自分の数でしか割ることのできない孤独な数字・・・わたしに勇気を与えてくれる。2・・・3・・・5・・・7・・・11・・・13・・・17・・・19。いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ムーン・プリズムパワー・メーイクアーップ!

鍋料理屋 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク