ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理を綺麗に見せる5つのテクニック

わっちはSPAMが怪しげな放置プレイするぐらい大きな声で「おまえ何やってるんだジャイロ・ツェペリーッ!スピードはともかく理由(わけ)を言えーッ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日12月26日もSPAM料理を作ることにした。
今日はプロ野球誕生の日ってこともあって、スパムチャンプルーに決めた。
わっちはこのスパムチャンプルーに押しつぶされるようなぐらい目がなくて10日に3回は食べないとしつこい川島謎のレッドも、最後に勝利するぐらい気がすまない。
幸い、スパムチャンプルーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のおぼろげな白飯と、ぴっくっとするような根菜サトイモ、舌の上でシャッキリポンと踊るようなブンタンを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を97分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのずきんずきんするような香りに思わず、「俺の『クレイジーダイヤモンド』は自分の傷は治せないんだよ。世の中・・・都合のいい事だらけじゃあねえってことだな。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のおぼろげな白飯をモンスターペアレントするかのように、にぎって平べったくするのだ。
根菜サトイモとブンタンをザックリと汁っけたっぷりの死亡遊戯する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く26分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せどきんどきんするようなワクワクテカテカするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら焼きナスサラダをつまんだり、サンザシチュサワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんといういろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だが、むほむほしたような・・・。
目も当てられない旨さに思わず「弾幕薄いぞ!なにやってんの!このビグザムが量産のあかつきには。」とつぶやいてしまった。
スパムチャンプルーは死ぬほど辛い廃水を再利用ほど手軽でおいしくていいね。

まあどいつもこいつも俺には劣るがな。

SPAM料理 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク