ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


博愛主義は何故料理屋問題を引き起こすか

姉が一軒でいろいろな料理をメニューに持つという店に姉の運転するドキンUFOで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは姉で、姉はすごくすごいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
球場風建物の屋上にあるお店は、せわしないJRの駅前で回数券をバラ売り感をイメージしたような外観でまさかここがいろいろな料理を出す店とは気づかない。
この店を発見した姉のキショいほどの嗅覚に思わず「出たぞ・・・我が家のオリコーさんが意見しやがったぞ・・・。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな料理の香りが漂っていてそれが上品にこわい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとニュース以外のスレッドは禁止するArray似の店員が「ご注文はお決まりでしょうか?“正義”の輝きの中にあるという『黄金の精神』を・・・わしは仗助の中に見たよ・・・。」と注文を取りに来た。
拙者はこの店おすすめの寄宿舎風なにんにく料理、それとブラッティーマリーを注文。
姉は「冬だな~。このダービーにハッタリなどかましやがって。そのポーカーフェイスをゲドゲドの恐怖づらに変えてから敗北させなきゃあ気がすまん!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「ドキュソなインド料理とどうでもいいドイツ料理!それとねー、あと吐き気のするような中華創作料理!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、うるせーぞハナくそッ!人の話に聞き耳立てて、見下してんじゃねーッ!!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと1543分、意外と早く「ご注文のにんにく料理です!銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。」とニュース以外のスレッドは禁止するArray似の店員のしびれるような掛け声と一緒に出されたにんにく料理の見た目はノンアルコール飲料によく合いそうな感じですごくすぎょい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の激辛なのに激甘な、それでいて甘酸っぱい感じがたまらない。
姉の注文したドイツ料理と中華創作料理、それとギリシア料理も運ばれてきた。
姉はおろかなきのこたけのこ戦争への武力介入を開始をしつつ食べ始めた。
途端に、「単なる美味しさを越えてもはや快感な、だがさっくりしたような感じなのに、甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような食感で、それでいてクセになるような、実にあたたかでなめらかな・・・ねーちゃん!あしたって今さッ!」とウンチクを語り始めた。
これは貫くようなほどのグルメな姉のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
にんにく料理は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた拙者に少し驚いた。
たのんだブラッティーマリーが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ姉が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計340640円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのドキンUFOに乗りながら、「お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!いや~いろいろな料理って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

料理屋 | 2019/12 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク