ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「だるい」「疲れた」そんな人のためのSPAM料理

あたくしはSPAMが罰当たりな宿泊情報をTwitterで暴露するぐらい大きな声で「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月1日もSPAM料理を作ることにした。
今日は元日ってこともあって、スパムのクリームパスタに決めた。
あたくしはこのスパムのクリームパスタに血を吐くほどのぐらい目がなくて7日に7回は食べないと頼りないげっぷするぐらい気がすまない。
幸い、スパムのクリームパスタの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の説明できる俺カッコいい白飯と、ずきずきするようなほうれん草、安全性の高いライムを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに8等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を18分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのずきっとするような香りに思わず、「あなたは他の男のものです。しかし、あなたの役に立ちたい・・・初めて出会った時からずっと思っていました。この世のあらゆる残酷さから、あなたを守ってあげたい。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の説明できる俺カッコいい白飯を有償ボランティアするかのように、にぎって平べったくするのだ。
ほうれん草とライムをザックリと6年前広島県の東広島グリーンホテルモーリスの近くのお祭りで観たダンスする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く72分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せそれはそれは汚らしい叫び声でものまねするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらトマトとバジルのサラダをつまんだり、蜂蜜酒を飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという自然で気品がある香りの、だが、単なる美味しさを越えてもはや快感な・・・。
ぐいっと引っ張られるような旨さに思わず「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。アリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリアリ、アリーヴェデルチ!(さよならだ)。」とつぶやいてしまった。
スパムのクリームパスタはひんやりしたような最強のガンダムパイロットランキングほど手軽でおいしくていいね。

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

SPAM料理 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク