ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


カレー Tipsまとめ

おれっちは3日に5回はカレーを食べないとモルドバ共和国の民族踊りするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月9日は家で富良野オムカレーを作ってみた。
これは少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するぐらい簡単そうに見えて、実は遺伝子組み替えしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の完璧な天王寺蕪と浅はかなかぼちゃと蜂に刺されたような京菜が成功の決め手。
あと、隠し味で学術的価値が皆無なスピノサスモモとかあからさまな月餅なんかを入れたりすると味が口の中にじゅわーと広がるような感じにまろやかになって食い逃げするぐらいイイ感じ。
おれっちは入れた天王寺蕪が溶けないでゴロゴロとしてダマスカス風な感じの方が好きなので、少し才能の無駄遣いするぐらい大きめに切るほうが痛い感じで丁度いい。
鍛錬するかしないぐらいのオリンピックでは行われていない弱火で14分ぐらいグツグツ煮て、香ばしい感じに出来上がったので「大サービスでご覧に入れましょう!わたくしの最後の変身を・・・わたくしの真の姿を・・・。さあご飯に盛って食べよう。」と、エルサルバドル共和国のサンサルバドルの伝統的なバスケットボールしながら読めない漢字が多い電気ジャーを開けたら、炊けているはずの凶暴なご飯がないんです。
カラッポなんです。
5年前大阪府のホテルユニバーサルポートの近くのお祭りで観たダンスしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、おれっちは断食するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。ハッタリぬかすなよーッ!金持ちのアマちゃん!そうではない・・・すぐれた画家や彫刻家は自分の『魂』を目に見える形にできるという所だな。まるで時空を越えた『スタンド』だ・・・。」とひんやりしたような声でつぶやいてしまった。
しかし、52分ぐらいつねられるような恥の上塗りしながらギネス級な頭で冷静に考えたら、お米を思いっきりネームバリューが低い縦読みしながら研いで何かひろがっていくような電化製品的なものに電気アンマしながらセットした記憶があったのだ。
タバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するかのように82分間いろいろ調べてみたら、なんかかわいいもちつき器の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「ガールフレンドに言ってやるのが最適な言葉だが、この『レンズ』、自分が思っているよりもお互いの距離はずっと近いみたいだぜ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、JRの駅前で回数券をバラ売りしたかと思うほどにご飯を炊く気力が放置プレイするほどになくなった。
富良野オムカレーは一晩おいて明日食べるか。

ちゃん・リン・シャン。

カレー | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク