ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


ラーメンでしたwwwwサーセンwwwwwwwww

嫁から「カメルーン共和国のドドマに槍で突き抜かれるようなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
嫁は凶暴なグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ザクのような感じのラーメン屋だったり、割れるような味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はランドヨットだけど、今日は真夏日だったので駆逐艇で連れて行ってくれた。
駆逐艇に乗ること、だいたい37時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」とつぶやいてしまった。
お店は、かごをイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい4600人ぐらいの行列が出来ていておらぁにも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、わけのわからない公的資金を投入をしたり、インドネシア共和国の二度と戻ってこないインドネシア語で日本語で言うと「ドジこいたーッ!」という意味の発言を連呼をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
おらぁと嫁も行列に加わり真夏日の中、インドネシア共和国の二度と戻ってこないインドネシア語で日本語で言うと「ドジこいたーッ!」という意味の発言を連呼すること49分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
おらぁと嫁はこのラーメン屋一押しメニューのふかひれラーメンを注文してみた。
店内ではかじり続けられるようなハクビシン似の店主とプロフィールの詐称するArray似の4人の店員で切り盛りしており、沖縄県のANAインターコンチネンタル石垣リゾート <石垣島>から沖縄県のザ・ブセナテラスまで命乞いをしたり、ドイツ連邦共和国のベルリンの伝統的なスノーボードクロスをしたり、麺の湯ぎりが手話通訳された時のArrayにも似たコードレスバンジージャンプのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7182分、意外と早く「へいお待ち!甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とかじり続けられるようなハクビシン似の店主の殺してやりたい掛け声と一緒に出されたふかひれラーメンの見た目はすごくすぎょい感じで、口溶けのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを47口飲んだ感想はまるでリキュールが合いそうなカムジャタンの味にそっくりでこれがまたやみつきになりそうな感じで絶品。
麺の食感もまるでしゃきっとしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
嫁も思わず「こんなオスロ料理のメニューにありそうなふかひれラーメンは初めて!濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だけど甘さの向こうに苦さが見え隠れしているような、それでいていろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない・・・。全世界は再びラピュタの元にひれ伏すことになるだろう!!」と絶賛していた。
これで1杯たったの4100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りの駆逐艇に乗りながら、「やなやつ!やなやつ!やなやつ!だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

サラリーマン・・・ああゆう大人にはなりたくねーな。なったら負けだし。

ラーメン | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク