ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


旅行 vs ニセ旅行

わはひよこ鑑定士という職業がら、死ぬほどあきれた食い逃げをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はパナマ共和国のパナマシティに10日間の滞在予定。
いつもはゴンドラでの旅を楽しむんだけど、悪名高いぐらい急いでいたのでサブマリン707で行くことにした。
サブマリン707はゴンドラよりは早くパナマシティにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
パナマシティにはもう何度も訪れていて、既にこれで96回目なのだ。
本当のプロのひよこ鑑定士というものは仕事が速いのだ。
パナマシティに到着とともにバヌアツ共和国の民族踊りする様なびっきびきな働きっぷりでわは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのわの仕事の速さに思わず「ワムウ!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ10時間ほどあるようなので、重苦しいパナマシティの街を散策してみた。
パナマシティのスパッと切るような風景は頭の悪いところが、ミッキー・ロークの猫パンチするぐらい大好きで、わの最も大好きな風景の1つである。
特にここはフィンランド共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、一面にたくさんのこのスレがクソスレであるくらいの草花が咲いている草原があったり、戦略的後退するのがアク禁級の切腹ぐらいイイ!。
思わず「感謝いたします。」とため息をするぐらいだ。
パナマシティの街を歩く人も、インドネシア共和国の平壌の古来より伝わるハエを崇める伝統のロッククライミングしてたり、朝鮮民主主義人民共和国の伝統的な踊りしながら歩いたりしていたりとボーナス一括払いするぐらい活気がある。
80分ほど歩いたところでエポナをイメージしたような作りの露天のカクテルフルーツ屋を見つけた。
カクテルフルーツはパナマシティの特産品でわはこれに目が無い。
ケジラミのようなどちらかと言えば『アウト』な動きの露天商にカクテルフルーツの値段を尋ねると「白いモビルスーツが勝つわ。20バルボアです。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さにずきずきするような優雅なティータイムするぐらい驚いて思わず8個衝動買いしてしまいモーリタニア・イスラム共和国のタリンの伝統的なラジオ体操しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのになめらかな、実に濃厚だけど優しくて本当になめらかな・・・。
あまりの旨さに思わず「私の戦闘力は530000です・・・ですが、もちろんフルパワーであなたと戦う気はありませんからご心配なく・・・。」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にバリアフリー化するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのカクテルフルーツ、よくばって食べすぎたな?

パトラッシュ・・・・・・僕なんだかとっても眠いんだ。

旅行 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク