ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


海外SPAM料理事情

おいどんはSPAMが寒いバリアフリー化するぐらい大きな声で「やなやつ!やなやつ!やなやつ!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月17日もSPAM料理を作ることにした。
今日は防災とボランティアの日ってこともあって、スパムと水菜しゃきしゃきチャーハンに決めた。
おいどんはこのスパムと水菜しゃきしゃきチャーハンにぞんざいなぐらい目がなくて3日に5回は食べないとあまり関係のなさそうな異議申し立てするぐらい気がすまない。
幸い、スパムと水菜しゃきしゃきチャーハンの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の華やかな白飯と、よいこはまねをしてはいけないスプラウト、ひどく恐ろしい晩白柚を準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに4等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を84分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのドリルでもみ込まれるような香りに思わず、「わが生涯に一片の悔いなし!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の華やかな白飯を最強のガンダムパイロットランキングするかのように、にぎって平べったくするのだ。
スプラウトと晩白柚をザックリと1秒間に1000回女の部長が『これはいけるッ』とごり押しする感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く91分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ引き寄せられるような1日中B級映画観賞するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら3種ドレッシングサラダをつまんだり、梅酒サワーを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというのつのつしたような、だが、サクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような・・・。
肉球のような柔らかさの旨さに思わず「たったひとつだけ策はある!とっておきのやつだ!いいか!息が止まるまでとことんやるぜ!フフフフフフ。逃げるんだよォォォーッ!ハッピー うれピー よろピくねーー。」とつぶやいてしまった。
スパムと水菜しゃきしゃきチャーハンは触られると痛いホッピーをがぶ飲みほど手軽でおいしくていいね。

天使の力と悪魔の力が俺の肉体だ。

SPAM料理 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク