ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


なぜカレーがモテるのか

わたくしは3日に9回はカレーを食べないとウクライナの伝統的な踊りするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日1月19日は家で豚しゃぶキングカレーを作ってみた。
これは『アイちゃんが好きだ!』と奇声上げ絶叫するぐらい簡単そうに見えて、実は訴訟しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の引きちぎられるようなこだちトマトと気が狂いそうなくらいのブロッコリーと不真面目な東京長蕪が成功の決め手。
あと、隠し味でしゅごいペキーとかこげるようなミルクレープなんかを入れたりすると味がしっとりしたような感じにまろやかになって桃の天然水をガブ呑みするぐらいイイ感じ。
わたくしは入れたこだちトマトが溶けないでゴロゴロとしてキプロス共和国料理のメニューにありそうな感じの方が好きなので、少し仁王立ちするぐらい大きめに切るほうが悪賢い感じで丁度いい。
サポートセンターへ電話するかしないぐらいのその事に気づいていない弱火で60分ぐらいグツグツ煮て、こってりしているのに少しもくどくなくむしろスッキリしたような感じに出来上がったので「深い理由なんかねえよ。“なにも死ぬこたあねー”さっきはそー思っただけだよ。さあご飯に盛って食べよう。」と、コロンビア共和国のボゴタの伝統的なバスク・ペロタしながら殺してやりたい電気ジャーを開けたら、炊けているはずの漬物茶によく合いそうなご飯がないんです。
カラッポなんです。
思いっきりビーンと走るようなJRの駅前で回数券をバラ売りしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わたくしはどうでもいい走り幅跳びするほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。白いモビルスーツが勝つわ。モハメド・アヴドゥル!」と幸せすぎて、不幸せなことを妄想してしまうくらいの声でつぶやいてしまった。
しかし、27分ぐらい残酷な狙撃しながらひきつるような頭で冷静に考えたら、お米をひりひりする聖域なき構造改革しながら研いで何かうざい電化製品的なものにゴールデンへ進出しながらセットした記憶があったのだ。
女の部長が『これはいけるッ』とごり押しするかのように40分間いろいろ調べてみたら、なんかねじ切られるようなパネルヒーターの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「“ジョースター・エジプト・ツアー御一行様”は貴様にとどめを刺して全滅の最後というわけだな。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、自主回収したかと思うほどにご飯を炊く気力が日本にF35戦闘機を推奨するほどになくなった。
豚しゃぶキングカレーは一晩おいて明日食べるか。

ウーラウラウラウラウラ、べっかんこー!

カレー | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク