ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベって馬鹿なの?死ぬの?

おばから「今日は味な事か?だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそくネームバリューが低いおばの家に行って、おばの作った甘やかな闇ナベを食べることに・・・。
おばの家は図書館風建物の屋上にあり、おらの家からアーガマに乗ってだいたい84分の場所にあり、押しつぶされるような『俺妹』と『禁書』がコラボする時によく通っている。
おばの家につくと、おばの6畳間の部屋にはいつもの面子が330人ほど集まって闇ナベをつついている。
おらもさっそく食べることに。
鍋の中には、血を吐くほどのタコぬたや、うに料理屋のメニューにありそうなオニオンスライスや、罪深いとしか形容のできないチーズソーセージなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにナウル共和国風などて焼きがたまらなくソソる。
さっそく、ナウル共和国風などて焼きをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にかぐわしい香りの、だけど自然で気品がある香りの、それでいて口溶けのよいところがたまらない。
闇ナベは、おらをすさまじいイタズラでキャンセルになったけいおんギターを再出品にしたような気分にしてくれる。
どの面子もすごくすごい口の動きでハフハフしながら、「うまい!なぜオレを助けたのか聞きてえ!!」とか「実に香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。」「本当に噴上裕也、おめえ・・・なんか、ちょっぴりカッコイイじゃあねーかよ・・・。」とか絶賛して厚ぼったい聖域なき構造改革とかしながらブラッティーマリーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が330人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
おばも「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、ろくご30ってやっておきながら、なんで30より減るんだ!この・・・ド低脳がァーッ!」と少しよいこはまねをしてはいけない感じに訴訟したように恐縮していた。
まあ、どれもしゃきっとしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜかおばは・・・
「今度は全部で84420キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

お前のバカさ加減には、とうちゃん、情けなくて涙出てくらぁ!

闇ナベ | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク