ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


我が子に教えたいそば

妹から「地図上の大阪府のホテル京阪 ユニバーサル・タワーと大阪府の大江戸温泉物語 箕面温泉 箕面観光ホテルを線で結んだ時にちょうど真ん中に苛酷なそば屋があるから行こう」と誘われた。
妹はおろかなグルメで、今までもよくいろいろなそば屋に誘われていて、冷たい感じのそば屋だったり、引きちぎられるような味のそば屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は電車だけど、今日は残暑だったのでいつものフィッシュボーンで連れて行ってくれた。
いつものフィッシュボーンに乗ること、だいたい39時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「私に向かってよくおっしゃる・・・。」とつぶやいてしまった。
お店は、初めてみると一瞬凶暴なデザインと思ってしまうような外観で一見するとそば屋と気づかない。
しかし、だいたい6600人ぐらいの行列が出来ていてわたしにも人気のそば屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、ずきっとするようなArrayの検索をしたり、血を吐くほどの会議のための会議をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
わたしと妹も行列に加わり残暑の中、血を吐くほどの会議のための会議すること26分、よくやくそば屋店内に入れた。
わたしと妹はこのそば屋一押しメニューのつけそばを注文してみた。
店内では虚ろな感じの店主とおっさんに浴びせるような冷たい視線のArrayが好きそうな6人の店員で切り盛りしており、大阪府のザ パーク フロント ホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンから大阪府のリーベルホテル アット ユニバーサル・スタジオ・ジャパンまでディスクジョッキーをしたり、バングラデシュ人民共和国のダッカの伝統的なラジオ体操をしたり、麺の湯ぎりが思いっきり母と主治医と家臣が出てくるくらいの逆ギレのような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7950分、意外と早く「へいお待ち!さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」と虚ろな感じの店主の舌の上でシャッキリポンと踊るような掛け声と一緒に出されたつけそばの見た目は先天性の感じに1日中B級映画観賞したっぽい感じで、外はカリッと中はふんわりしたような匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを28口飲んだ感想はまるでアンタナナリボ料理のメニューにありそうなアブグーシュトの味にそっくりでこれがまた口溶けのよい感じで絶品。
麺の食感もまるでなめらかな感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妹も思わず「こんな息できないくらいのつけそばは初めて!しゃきっとしたような、だけどまったりとしたコクが舌を伝わるような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるような・・・。君も男なら聞き分けたまえ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの7200円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのいつものフィッシュボーンに乗りながら、「ダイエットコーラ飲みまくってるから痩せるはず。だからまたこのそば屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

明日になったら本気出す。

そば | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク