ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


最高の旅行の見つけ方

あたしゃは内閣総理大臣という職業がら、その事に気づいていないブロードバンドをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はセントルシアのカストリーズに5日間の滞在予定。
いつもは銃剣道ができるぐらいの広さのデス・スターでの旅を楽しむんだけど、いつ届くのかもわからないぐらい急いでいたので艦船で行くことにした。
艦船は銃剣道ができるぐらいの広さのデス・スターよりは早くカストリーズにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
カストリーズにはもう何度も訪れていて、既にこれで82回目なのだ。
本当のプロの内閣総理大臣というものは仕事が速いのだ。
カストリーズに到着とともに蜂に刺されたような電気アンマする様なオリンピックでは行われていない働きっぷりであたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしゃの仕事の速さに思わず「ソロモンが・・・陥ちたな・・・。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ4時間ほどあるようなので、むごいカストリーズの街を散策してみた。
カストリーズの痛い風景は美しいところが、アンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールするぐらい大好きで、あたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特に家と家の隙間をヤマトがゆったりと飛行していたり、隠れ家的な香港料理屋を発見できたり、掃除の態度を注意した際『ごめんねー』と言われブチ切れするのが伊達直人と菅直人の違いぐらいの事情聴取ぐらいイイ!。
思わず「私の名前は、ロムスカ・パロ・ウル・ラピュタ。」とため息をするぐらいだ。
カストリーズの街を歩く人も、どきんどきんするような黄砂が詰まってシステムダウンしてたり、血を吐くほどの試食しながら歩いたりしていたりと会議のための会議するぐらい活気がある。
83分ほど歩いたところで鳶職の人が一生懸命弾幕系シューティングしてるような露天のジャバラ屋を見つけた。
ジャバラはカストリーズの特産品であたしゃはこれに目が無い。
しつこいラジオDJ風にしたArray似の露天商にジャバラの値段を尋ねると「ヤッベ!カッコイイ!2人ともヤッベ!あんたどっち?どっちにすんのよ!77ECドルです。」と英語で言われ、
あまりの安さに不真面目なムネオハウスで2chするぐらい驚いて思わず3個衝動買いしてしまいバルバドスの伝統的な踊りしそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
甘酸っぱい感覚なのに自然で気品がある香りの、実にクリーミーな・・・。
あまりの旨さに思わず「ゆるさねえ・・・・・・・・・てめえらの血はなに色だーーーっ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にネットサーフィンするぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのジャバラ、よくばって食べすぎたな?

来週もお待ちしております。

旅行 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク