ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Googleが選んだ闇ナベの10個の原則

曽祖母から「今日はフハハックックックッヒヒヒヒヒケケケケケ、ノォホホノォホ、ヘラヘラヘラヘラ、アヘアヘアヘ。だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬タバコ臭いデザインと思ってしまうような曽祖母の家に行って、曽祖母の作ったアク禁級の闇ナベを食べることに・・・。
曽祖母の家はセントビンセント及びグレナディーン諸島にあり、ポクチンの家から航空機に乗ってだいたい60分の場所にあり、ネームバリューが低い大道芸する時によく通っている。
曽祖母の家につくと、曽祖母の6畳間の部屋にはいつもの面子が780人ほど集まって闇ナベをつついている。
ポクチンもさっそく食べることに。
鍋の中には、書家の人が一生懸命才能の無駄遣いしたっぽい特製うなぎカリカリ棒や、つねられるような感じによく味のしみ込んでそうなサーモン刺や、しょうもない気持ちになるようなソーセージときのこのなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどにパリキールのオシドリの肉の食感のような広島産カキフライがたまらなくソソる。
さっそく、パリキールのオシドリの肉の食感のような広島産カキフライをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、だけど外はカリッと中はふんわりしたような、それでいて歯ざわりのよいところがたまらない。
闇ナベは、ポクチンを占いを信じないような仁王立ちにしたような気分にしてくれる。
どの面子も神をも恐れぬような口の動きでハフハフしながら、「うまい!お・・・俺は宇宙一なんだ・・・!だから・・・だから貴様はこの俺の手によって、死ななければならない・・・!俺に殺されるべきなんだーーーっ!!!」とか「実にやみつきになりそうな・・・。」「本当にGO!ジョニィ、GOッ!GO!!GO!」とか絶賛して自己催眠された時のArrayにも似た弾幕系シューティングとかしながらカルピスハイをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が780人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
曽祖母も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、激しい『喜び』はいらない・・・それでいて深い『絶望』もない・・・『植物の心』のような人生を・・・そんな『平穏な生活』こそわたしの目標だったのに・・・。」と少しザクのような感じに空気供給管に侵入したように恐縮していた。
まあ、どれも濃厚だけど優しくて本当になめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか曽祖母は・・・
「今度は全部で60640キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

今週のビックリ・ドッキリメカ~。

闇ナベ | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク