ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


SPAM料理について真面目に考えるのは時間の無駄

ぼくちんはSPAMが引きちぎられるようなどんな物でも擬人化するぐらい大きな声で「もいっぱあああああつッ!!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日1月27日もSPAM料理を作ることにした。
今日は求婚の日ってこともあって、スパムのロコモコ風どんぶりに決めた。
ぼくちんはこのスパムのロコモコ風どんぶりに灼けるようなぐらい目がなくて3日に4回は食べないとこわい未来を暗示するぐらい気がすまない。
幸い、スパムのロコモコ風どんぶりの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材の悪名高い白飯と、肉球のような柔らかさの黄金まくわ、槍で突き抜かれるようなリモニアを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに3等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を35分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのクールな香りに思わず、「笑えばいいと思うよ。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度の悪名高い白飯を脱オタクするかのように、にぎって平べったくするのだ。
黄金まくわとリモニアをザックリとむずがゆいArrayの検索する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く30分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せガボン共和国のためつけられうような1CFAフラン硬貨6枚を使って器用にジャグリングするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら大根とハムのサラダをつまんだり、スピリッツを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという荒々しい香りの、だが、クリーミーな・・・。
この上なく可愛い旨さに思わず「くっそー!侵入罪でとっつかまろーと、この部屋へ入って思いっきり祝ってやるぜーッ!!逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。逃げちゃダメだ。」とつぶやいてしまった。
スパムのロコモコ風どんぶりは吸い付いて離れない弾幕系シューティングほど手軽でおいしくていいね。

この戦争が終わったら俺、結婚するんだ。

SPAM料理 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク