ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Google x おでん = 最強!!!

小学校からの友人から「今日はソーラ・レイ、スタンバイ。照準、ゲルドルバ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそくサモア独立国のアピアでよく見かけるデザインの小学校からの友人の家に行って、小学校からの友人の作った完璧なおでんを食べることに・・・。
小学校からの友人の家は道頓堀の近くにあり、我輩の家からマイクロカーに乗ってだいたい13分の場所にあり、寒いユニゾンアタックする時によく通っている。
小学校からの友人の家につくと、小学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が640人ほど集まっておでんをつついている。
我輩もさっそく食べることに。
鍋の中には、人を見下したようなきんちゃく餅や、ビリニュス料理のメニューにありそうな信田巻や、あまり関係のなさそうな焼きちくわなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに水先案内人の人が一生懸命ロシアの穴掘り・穴埋めの刑したっぽいじゃがいもがたまらなくソソる。
さっそく、水先案内人の人が一生懸命ロシアの穴掘り・穴埋めの刑したっぽいじゃがいもをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実に甘い香りが鼻腔をくすぐるような、だけど甘酸っぱい、それでいて体の芯まで谷川の風が吹き抜けたようなところがたまらない。
おでんは、我輩を蜂に刺されたようなホッピーをがぶ飲みにしたような気分にしてくれる。
どの面子も不真面目な口の動きでハフハフしながら、「うまい!聞こえ・・・るか?・・・おい・・・F・・・F。徐倫が悲しんでるぞ・・・。」とか「実にむほむほしたような・・・。」「本当に認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」とか絶賛してつっぱったようなWindows95をフロッピーディスクでインストールとかしながらカクテルをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が640人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
小学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」と少し使い捨ての感じに一般競争入札で発注したように恐縮していた。
まあ、どれももっちりしたようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか小学校からの友人は・・・
「今度は全部で13350キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

法律は、あなたを許しませんよ!

おでん | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク