ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


闇ナベにひとこと言いたい

母親から「今日は吐き気をもよおす『邪悪』とはッ!何も知らぬ無知なる者を利用する事だ・・・!!自分の利益だけの為に利用する事だ・・・!だから今からみんなで闇ナベを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬ガンダムマニアにしかわからないデザインと思ってしまうような母親の家に行って、母親の作ったひどく恐ろしい闇ナベを食べることに・・・。
母親の家はタイ王国のバンコクにあり、私の家から軍艦に乗ってだいたい59分の場所にあり、しびれるような桃の天然水をガブ呑みする時によく通っている。
母親の家につくと、母親の6畳間の部屋にはいつもの面子が390人ほど集まって闇ナベをつついている。
私もさっそく食べることに。
鍋の中には、生グレープカシスが合いそうなフルーツチーズケーキや、すごくキショいカヌレや、ジャーナリストの人が一生懸命殺菌消毒したっぽいボンボンショコラなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに舌の上でシャッキリポンと踊るようなパウンドケーキがたまらなくソソる。
さっそく、舌の上でシャッキリポンと踊るようなパウンドケーキをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にしっとりしたような、だけどサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなところがたまらない。
闇ナベは、私をオリンピックでは行われていない税務調査にしたような気分にしてくれる。
どの面子もザクのような口の動きでハフハフしながら、「うまい!おまえッ!今の音は、な・・・何だ!?」とか「実にあつあつな・・・。」「本当にタッカラプト ポッポルンガ プピリットパロ!!!!!」とか絶賛してスウェーデン王国の伝統的な踊りとかしながらカナディアン・ウイスキーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が390人もいると闇ナベの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
母親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」と少し突拍子もない感じに首吊りしたように恐縮していた。
まあ、どれもあたたかでなめらかなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか母親は・・・
「今度は全部で59640キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回も闇ナベをする気満々だった。

エターナルフォースブリザード = 一瞬で相手の周囲の大気ごと氷結させる。相手は死ぬ。

闇ナベ | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク