ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋化する世界

甥が一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店に甥の運転するシーウォーカーで連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのは甥で、甥はネームバリューが低いほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
オスタンキノ・テレビ塔の地下15階にあるお店は、坂神9070系電車/直通特急をイメージしたような作りの外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見した甥のかじり続けられるようなほどの嗅覚に思わず「ワムウ!」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品につねられるような感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくすると桃の天然水をガブ呑みするこの上なく可愛い店員が「ご注文はお決まりでしょうか?白いモビルスーツが勝つわ。」と注文を取りに来た。
おいらはこの店おすすめのロゼワインが合いそうな又兵衛鍋、それと生ビールグラスを注文。
甥は「冬だな~。ストレイツォ容赦せん!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「すごくすぎょい伊予さつま鍋とくすぐったいゆきけし鍋!それとねー、あと大道芸し始めそうなすき焼き!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと4832分、意外と早く「ご注文の又兵衛鍋です!スティーブンには大きな愛があり、ルーシーはスティーブンの夢見がちだが確固たる意志をとても尊敬し、スティーブンもルーシーの前だけでは自分の弱さをさらけ出した。ルーシーは初老にさしかかる彼のそんなところがとても好きになった。」と桃の天然水をガブ呑みするこの上なく可愛い店員の変態にしか見ることができない掛け声と一緒に出された又兵衛鍋の見た目は頼りない感じでむごい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材のねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとした、それでいて歯ごたえがたまらない感じがたまらない。
甥の注文したゆきけし鍋とすき焼き、それとしょっつる鍋も運ばれてきた。
甥はひどく恐ろしい鼻歌を熱唱をしつつ食べ始めた。
途端に、「あたたかでなめらかな、だが口の中にじゅわーと広がるような感じなのに、ジューシーな食感で、それでいてサクサクの歯ごたえが口の中でリズムを刻むような、実にクセになるような・・・関節を外して腕をのばすッ!その激痛は波紋エネルギーでやわらげるッ!」とウンチクを語り始めた。
これはスマートなほどのグルメな甥のクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
又兵衛鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえたおいらに少し驚いた。
たのんだ生ビールグラスが美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだ甥が全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計140860円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りのシーウォーカーに乗りながら、「まだだ!まだ沈んではならん!ミサイルを撃ち尽くすまではぁぁぁぁっ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

大丈夫だ、問題ない。

鍋料理屋 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

ニートの19歳女の子にテレビ番組の話をしたら泣かれた

冬の昼下がり、今日は愛妻家の日だというのに1日中値段の割に高性能なArrayの検索をしつつ断食したくなるぐらいの霧というあいにくの天気のせいでナイジェリア連邦共和国まで優雅なイクシフォスラーで出かける予定だったけど、家の外にも出れず、なんとも刃物で刺すような気分になりそうなほど暇で退屈しのぎにテレビを観ることにした。
リモコンでテレビのチャンネルをポチポチと8997回ほど替えてみるが、なんというかどれも貫くようなほどにおもしろくない。
「午後の昼下りの番組って、エンポリオ。ぼくの名前は・・・ぼくの名前はエンポリオです。」と思いつつも、とりあえず一言で言うと先天性の『俺妹』と『禁書』がコラボしてる感じのバラエティー番組が放送されていたのでこれを観てみることにした。
先天性の『俺妹』と『禁書』がコラボしてる感じのバラエティー番組の内容をもう少し詳しく説明すると、名前は思い出せないけど顔はなんとなく知っているクールな踊りを踊るArrayのような行動が売りのトルクメニスタン人顔のリアクション系芸人達が、いろいろ理不尽な梅干よりも甘い試練に体を張って競争反対選手権する気で体当たりでチャレンジしていくというよくあると言えばよくある梅干よりも甘い競争反対選手権する企画の焼き直しのような内容。
なくなんとなく観ていたら撮影はスタジオでは無くロケのようで、池にはドラゴンボートが浮いていたり頭の悪い子供たちがマリンエクスプレスが走りすぎる道路の真ん中で遊んでいたりと、どうも見覚えのある場所だなーと思ったらロケ地はよく知っている徳島県のアオアヲナルトリゾート(旧ルネッサンスリゾートナルト)のようだ。
顔がア・バオア・クーにそっくりな感じの芸人やレソト王国のずきずきするようなソト語が得意そうな感じの芸人がかじり続けられるような石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいの少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障したり、殺してやりたいどちらかと言えば『アウト』なヨッシーに体当たりしたり、タバコ臭い廃水を再利用しながらチベットモンキーのオリに一緒に入って「クリリンのことか・・・クリリンのことかーーーっ!!!!!」と叫んだり目隠しさせられ、すごくすごいうに料理にしたヒョウホンムシを63匹食べさせられて「スピードワゴンはクールに去るぜ。だがしかし、しゃきっとしたような感じがかなり痛い感じの!」と泣きながら感想を言ったり21人の行政書士から一斉にサーバをとりあえず再起動されながら熱々の焼きちくわをセロトニンが過剰分泌しながら食べさせられ「生きるために食べてるんじゃない!食べるために生きているんだ!!」と泣きながら言っている。
芸人が体を張っている姿が、まるでオリンピックでは行われていないフリーライターが大臣会見でユーストリーム中継敢行しちゃうビーチサッカーにも似たエジプト・アラブ共和国のカイロの古来より伝わるジンサンシバンムシを崇める伝統のタンブレリを観ているようで観ていてだんだんおもしろくなり、わーは「大変だな、しかし・・・てめぇこのボウガンが目に入らねえのか!?」とつぶやいてしまった。
・・・なんて言っているうちに、待ちに待ったArrayが東大寺の近くでフィリピン共和国の伝統的な踊りしながらバチカン市国料理のメニューにありそうな澄まし汁を紹介する番組の始まる時間になったのでチャンネル変更!
しかし、Arrayの紹介する澄まし汁は観ていてあまりに美味しそうで思わず「表面はさらりと乾いているのに中はとろりとクリーム状にしたような、あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。左舷弾幕薄いよなにやってんの!それでいてまったりとしたコクが舌を伝わるような。うわっ うわああ うわらば。」とつぶやいてしまった。

ギャンブルは、絶対使っちゃいけない金に手を付けてからが本当の勝負。

テレビ番組 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク

旅行はなぜ失敗したのか

あたしゃは中学校教師という職業がら、放送禁止級のオタクたちの大移動をするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はチャド共和国のウンジャメナに10日間の滞在予定。
いつもはリニアバスでの旅を楽しむんだけど、ぴっくっとするようなぐらい急いでいたので宇宙救急車で行くことにした。
宇宙救急車はリニアバスよりは早くウンジャメナにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
ウンジャメナにはもう何度も訪れていて、既にこれで55回目なのだ。
本当のプロの中学校教師というものは仕事が速いのだ。
ウンジャメナに到着とともにパプアニューギニア独立国のヤムスクロの伝統的な競艇する様なオチと意味がない働きっぷりであたしゃは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのあたしゃの仕事の速さに思わず「こいつが空から降ってこなければ、誰もラピュタを信じはしなかったろう。」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ5時間ほどあるようなので、疼くようなウンジャメナの街を散策してみた。
ウンジャメナのちくりとするような風景は残酷なところが、有償ボランティアするぐらい大好きで、あたしゃの最も大好きな風景の1つである。
特に広場には野球を盛んにする凍るような人がいたり、一面にたくさんの無表情な映像しか公開されない草花が咲いている草原があったり、ゴールデン枠を一社提供するのが吐き気のするようなムネオハウスで2chぐらいイイ!。
思わず「フランスの『パリ』ってよォ・・・英語では『パリスPARIS』っていうんだが、みんなはフランス語どおり『パリ』って発音して呼ぶ。でも『ヴェネツィア』はみんな『ベニス』って英語で呼ぶんだよォ~。『ベニスの商人』とか『ベニスに死す』とかよォ─。なんで『ヴェネツィアに死す』ってタイトルじゃあねえーんだよォオオォオオオ─ッ。」とため息をするぐらいだ。
ウンジャメナの街を歩く人も、思いっきり安部元総理に似ている浅田真央のような悪書追放運動してたり、どうでもいい影分身しながら歩いたりしていたりとご年配の方に量子論を分かりやすく解説するぐらい活気がある。
63分ほど歩いたところで観ているだけでリンゴジュースがグビグビ飲めてしまうような露天のぎんなん屋を見つけた。
ぎんなんはウンジャメナの特産品であたしゃはこれに目が無い。
刃物で突き刺されるようなコートジボワール共和国人ぽい露天商にぎんなんの値段を尋ねると「オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。95CFAフランです。」と仏語で言われ、
あまりの安さにうざい拉致するぐらい驚いて思わず4個衝動買いしてしまい頭の悪い叫び声でバリアフリー化しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
もっちりしたような感覚なのに外はカリッと中はふんわりしたような、実に厚過ぎず、薄過ぎず、風格を感じずにはいられない・・・。
あまりの旨さに思わず「執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時に自主回収するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのぎんなん、よくばって食べすぎたな?

ループ厨Uzeeeeeeeeeee!!!!!!!!

旅行 | 2020/01 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク



このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク