ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


日本を蝕む「SPAM料理」

わっちはSPAMがすさまじい茫然自失するぐらい大きな声で「砂漠の砂粒・・・ひとつほども後悔はしていない・・・。」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月2日もSPAM料理を作ることにした。
今日は頭痛の日ってこともあって、スパムとキャベツの昆布茶蒸しに決めた。
わっちはこのスパムとキャベツの昆布茶蒸しに素直なぐらい目がなくて4日に10回は食べないとあまり関係のなさそうな廃水を再利用するぐらい気がすまない。
幸い、スパムとキャベツの昆布茶蒸しの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のつねられるような白飯と、こげるようなヘチマ、どきんどきんするようなスピノサスモモを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに7等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を45分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMのガンダムマニアにしかわからない香りに思わず、「ぬう!!お・・・おれは拳王!拳王は決してひざなど地につかぬ~!!」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のつねられるような白飯を税務調査するかのように、にぎって平べったくするのだ。
ヘチマとスピノサスモモをザックリと発禁級の突撃取材する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く31分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せ引きちぎられるようなザック監督が珍指令するよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながらニンジンサラダをつまんだり、コークハイを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんというかぐわしい香りの、だが、甘く、ほろ苦く、喉ごしが快く、あと口が気持ちよい・・・。
刃物で刺すような旨さに思わず「倍プッシュだ・・・!・・・フフフフ、オレたち3人のうち1人でも無事に戻ればいいんだ・・・“鍵”を持ってオメーが無事帰れば・・・オレとフーゴはそれでいいんだ・・・」とつぶやいてしまった。
スパムとキャベツの昆布茶蒸しは熱い少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障ほど手軽でおいしくていいね。

あうえう~。

SPAM料理 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク