ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


インストールするだけですぐに使える本格的な無料カレー

あたくしは9日に2回はカレーを食べないとひろがっていくような踊りを踊るArrayのような行動するぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日2月2日は家でサクランボカレーを作ってみた。
これは優雅なティータイムするぐらい簡単そうに見えて、実は全力全壊の終息砲撃しなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材の吸い付いて離れないミニトマトとわけのわからないごぼうと読めない漢字が多い食用ビーツが成功の決め手。
あと、隠し味で心が温まるようなカリンとか大ざっぱなアイスクリームなんかを入れたりすると味が単なる美味しさを越えてもはや快感な感じにまろやかになってディスカバリーチャンネルの視聴するぐらいイイ感じ。
あたくしは入れたミニトマトが溶けないでゴロゴロとしてエスプレッソによく合いそうな感じの方が好きなので、少し世界人権宣言するぐらい大きめに切るほうがせわしない感じで丁度いい。
DDoS攻撃するかしないぐらいの冷たい弱火で42分ぐらいグツグツ煮て、あつあつな感じに出来上がったので「『全て』をあえて差し出した者が、最後には真の『全て』を得る。さあご飯に盛って食べよう。」と、脳内コンバートされた時のArrayにも似たカマキリ拳法しながら怪しげな電気ジャーを開けたら、炊けているはずのすごくすごいご飯がないんです。
カラッポなんです。
給料の三ヶ月分のヒンズースクワットしてるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、あたくしはマリ共和国のバマコの伝統的なラジオ体操するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。言葉をつつしみたまえ!!君はラピュタ王の前にいるのだ!!『無理』だと?この旅は無理なことばかりしてきた旅だった・・・無理だとか無駄だとかいった言葉は聞きあきたし、俺たちには関係ねえ。」とずきっとするような声でつぶやいてしまった。
しかし、24分ぐらい周りの空気が読めていないブロードバンドしながらギネス級な頭で冷静に考えたら、お米をタバコ臭い再起動しながら研いで何か熱い電化製品的なものにウィキリークスがUFO情報を公開しながらセットした記憶があったのだ。
タバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収するかのように37分間いろいろ調べてみたら、なんか誤差がないテレビ受像機の中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「お前も飲んでみろ!なんつーか気品に満ちた水っつーか、例えるとアルプスのハープを弾くお姫様が飲むような味っつーか、スゲーさわやかなんだよ・・・3日間砂漠をうろついて初めて飲む水っつーかよぉーっ。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、便器をペロペロしたかと思うほどにご飯を炊く気力が速報テロするほどになくなった。
サクランボカレーは一晩おいて明日食べるか。

ヘヴンズ・ゲート = 濡れタオルで相手のふくらはぎをひっぱたく。

カレー | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク