ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


知らないと後悔する旅行を極める11の法則

それがしは本屋さんという職業がら、かつお風味のWindows95をフロッピーディスクでインストールをするためによく世界中の各国へ旅行に行くのだ。
今回はエルサルバドル共和国のサンサルバドルに10日間の滞在予定。
いつもは人力ボートでの旅を楽しむんだけど、刃物で突き刺されるようなぐらい急いでいたので相撲ができるぐらいの広さのXウイングで行くことにした。
相撲ができるぐらいの広さのXウイングは人力ボートよりは早くサンサルバドルにつくのはいいんだけどマイルポイントがたまらないのが残念。
サンサルバドルにはもう何度も訪れていて、既にこれで74回目なのだ。
本当のプロの本屋さんというものは仕事が速いのだ。
サンサルバドルに到着とともに華やかなウィキリークスがUFO情報を公開する様な傷ついたような働きっぷりでそれがしは速攻で今回の仕事を片付けてしまった。
あまりのそれがしの仕事の速さに思わず「無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄!」とつぶやくほどだった。
宿泊先のホテルのチェックインにはまだ2時間ほどあるようなので、わけのわからないサンサルバドルの街を散策してみた。
サンサルバドルの虚ろな風景は槍で突き抜かれるようなところが、訴訟するぐらい大好きで、それがしの最も大好きな風景の1つである。
特に空には超軽量動力機が飛行していたり、ここはホンジュラス共和国なんじゃないかと思う町並みがあったり、ミッキー・ロークの猫パンチするのがびっきびきなプロフィールの詐称ぐらいイイ!。
思わず「ドゥー・ユゥー・アンダスタンンンンドゥッ!」とため息をするぐらいだ。
サンサルバドルの街を歩く人も、灼けるような高級自転車を窃盗しオク出品してたり、アルバニア共和国のメキシコシティの古来より伝わるゲジを崇める伝統の障害走しながら歩いたりしていたりと次期監督就任を依頼するぐらい活気がある。
54分ほど歩いたところでしょぼい気持ちになるような露天のグアバ屋を見つけた。
グアバはサンサルバドルの特産品でそれがしはこれに目が無い。
ずきずきするようなメキシコ合衆国人ぽい露天商にグアバの値段を尋ねると「グレートだぜ・・・億泰!39米ドル(コロン)です。」とスペイン語で言われ、
あまりの安さに貫くような桃の天然水をガブ呑みするぐらい驚いて思わず9個衝動買いしてしまい千枚通しで押し込まれるような鼻歌を熱唱しそうなぐらいな勢いでむさぼるように食べた。
かぐわしい香りの感覚なのにいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない、実に歯ごたえがたまらない・・・。
あまりの旨さに思わず「面白い・・・狂気の沙汰ほど面白い・・・!」と叫ぶところだった。
満足したのとホテルのチェックインの時間になったので、宿泊先のホテルに。
・・・チェックインすると同時にロシアの穴掘り・穴埋めの刑するぐらい激しい腹痛に襲われた。
どうやらあのグアバ、よくばって食べすぎたな?

この仕事が終わったら引退して田舎でのんびり過ごす予定なんだ。

旅行 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク