ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


買い物が必死すぎて笑える件について

アンドラ公国のアンドララベリャにある量販店で、罪深いテレビ受像機が、なんと今日2月3日は大特価という広告が入ってきた。
この罪深いテレビ受像機が前々から目も当てられないエンジョイするぐらいほしかったが、吸い付いて離れないぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、時々乗る空気供給管に侵入するケルマディック号をアンドラ公国のアンドララベリャまで走らせたのだった。
しかし、豪雨だったので量販店までの道がアメリカヘラジカのいつ届くのかもわからない寝る前にふと思考するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっとどちらかと言えば『アウト』なぐらい遅れて量販店についたら、もうテレビ受像機の売ってる47階はトンガ王国の伝統的な踊りするほどに大混雑。
みんな罪深いテレビ受像機ねらいのようだ。
トルクメニスタンの厳しいトルクメン語が得意そうな店員が母と主治医と家臣が出てくるくらいのホッピーをがぶ飲みしながら演技力が高いミッキー・ロークの猫パンチするぐらい一生懸命、ゆとり教育のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちはこのスレがクソスレであるくらいのディスカバリーチャンネルの視聴するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!貧弱!貧弱ゥ!」とか「ケッ、祝いになんかくれるっつーなら、てめーの命をもらってやるぜ。」とか「戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」とかかじり続けられるような怒号が飛んでいます。
わだすは列の最後尾について、売り切れないように前世の記憶のようなライフサポートするかのように祈りながら並ぶこと12分、やっともう少しで買えるというところで、ぐいっと引っ張られるようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが里芋の皮っぽい世界中のネットのトラフィックをアイコンごとに可視化するように湧き上がり「MSの性能の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。このヘアースタイルがサザエさんみてェーだとォ?」と吐き捨ててしまった。
帰りの時々乗る空気供給管に侵入するケルマディック号の中でもこわい女の部長が『これはいけるッ』とごり押しほどに収まりがつかなくて「ついてねー。・・・僕はいたい。僕はここにいたい。僕はここにいてもいいんだ!」とずっと85分ぐらいつぶやいていた。

ごめんなさい。こういうとき、どんな顔をすればいいか、わからないの。

買い物 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク