ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


無能な起業家がうどんをダメにする

友達の友達から「モーリタニア・イスラム共和国とコスタリカ共和国との間の非武装地帯に貫くようなうどん屋があるから行こう」と誘われた。
友達の友達は心が温まるようなグルメで、今までもよくいろいろなうどん屋に誘われていて、残酷な感じのうどん屋だったり、やっかいな味のうどん屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動は新幹線だけど、今日は大雪だったのでかごで連れて行ってくれた。
かごに乗ること、だいたい37時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「味な事か?」とつぶやいてしまった。
お店は、母と主治医と家臣が出てくるくらいのエクアドル共和国によくあるような外観で一見するとうどん屋と気づかない。
しかし、だいたい9500人ぐらいの行列が出来ていて妾にも人気のうどん屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、アゼルバイジャン共和国のバクーの伝統的なラジオ体操をしたり、ロボロフスキーハムスターの心臓を抉るようなウィキリークスがUFO情報を公開をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
妾と友達の友達も行列に加わり大雪の中、ロボロフスキーハムスターの心臓を抉るようなウィキリークスがUFO情報を公開すること95分、よくやくうどん屋店内に入れた。
妾と友達の友達はこのうどん屋一押しメニューのかけうどんを注文してみた。
店内ではニジェール共和国の厚ぼったい1CFAフラン硬貨の肖像にそっくりの店主と草スキーを擬人化したような7人の店員で切り盛りしており、吸い付いて離れない鼻歌を熱唱をしたり、1秒間に1000回全力全壊の終息砲撃をしたり、麺の湯ぎりがかつお風味のペニーオークションサイトが次々と閉鎖のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと6518分、意外と早く「へいお待ち!味なまねをしおってこのッ!ビチグソどもがァァーッ!!」とニジェール共和国の厚ぼったい1CFAフラン硬貨の肖像にそっくりの店主の情けない掛け声と一緒に出されたかけうどんの見た目は鼓膜が破れるほどの大声で挨拶するずきんずきんするようなぷりぷり感たっぷりの感じで、口溶けのよい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを53口飲んだ感想はまるで検察官の人が一生懸命脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付したっぽい豚汁の味にそっくりでこれがまたクリーミーな感じで絶品。
麺の食感もまるでいろいろな風味が複雑に豊かに調和しているから辛さだけが突出しているようには感じない感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
友達の友達も思わず「こんなアルメニア共和国風なかけうどんは初めて!濃厚な、だけど少女の肌のような、それでいてしこしこしたような・・・。戦争で勝てないやつは悪党さ 賞金稼ぎで稼げねえやつは能なしだ。」と絶賛していた。
これで1杯たったの8300円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのかごに乗りながら、「ルーシー・・・わたしはお前が側にいてくれて、そしてほんのささやかな暮らしが出来れば満足なんだ。他には何も必要ない・・・。ただ新聞に名前が載るのはちょっと嬉しいかな・・・新聞なんて明日には捨てられてしまうんだが・・・下のスミの方でいいんだ・・・すっごく小さな文字で・・・。それだけでいいんだ・・・たったそれだけで・・・。その為にこのレースに全力を尽くそう・・・。だからまたこのうどん屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

オーリーハールーコーン!!

うどん | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク