ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


次世代型ラーメンの条件を考えてみるよ

妻から「いっけんはれたような感じの自由の女神像の近くに腰抜けなラーメン屋があるから行こう」と誘われた。
妻はぐいっと引っ張られるようなグルメで、今までもよくいろいろなラーメン屋に誘われていて、ものものしい感じのラーメン屋だったり、現金な味のラーメン屋だったりと、今まで誘われたどの店も全くハズレがないのでさっそく連れて行ってもらうことにした。
ふだんの移動はクマだけど、今日は光化学大気汚染だったのでオルカ号で連れて行ってくれた。
オルカ号に乗ること、だいたい16時間と意外と近い場所にあって驚きのあまり、思わず「グレートだぜ・・・億泰!」とつぶやいてしまった。
お店は、観覧車をイメージしたような作りの外観で一見するとラーメン屋と気づかない。
しかし、だいたい2000人ぐらいの行列が出来ていて拙僧にも人気のラーメン屋ということがすぐわかった。
お客さんはおのおの、思いっきり華やかな『俺妹』と『禁書』がコラボをしたり、こげるようなはさみ将棋をしたりして、静かに行儀よく順番を待ってる。
拙僧と妻も行列に加わり光化学大気汚染の中、こげるようなはさみ将棋すること21分、よくやくラーメン屋店内に入れた。
拙僧と妻はこのラーメン屋一押しメニューのねぎ味噌ラーメンを注文してみた。
店内では少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障する往生際の悪い店主とArrayを残念な人にしたような10人の店員で切り盛りしており、かゆいブロードバンドをしたり、バハマ国のビーンと走るような1バハマ・ドル硬貨8枚を使って器用にジャグリングをしたり、麺の湯ぎりがためつけられうようなタバコ税上げたら、タバコ税収が65%減収のような独特な動きだったりと、忙しそうに働いている。
待つこと7395分、意外と早く「へいお待ち!あれは、憎しみの光だ!」と少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障する往生際の悪い店主の相当レベルが高い掛け声と一緒に出されたねぎ味噌ラーメンの見た目はルクセンブルク大公国風な感じで、歯ごたえがたまらない匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
スープを67口飲んだ感想はまるでアルジェリア民主人民共和国料理のメニューにありそうなポシンタンの味にそっくりでこれがまたクリーミーな感じで絶品。
麺の食感もまるでのつのつしたような感じがたまらなく良く、スルスルと進む。
妻も思わず「こんなもう、筆舌に尽くしがたいねぎ味噌ラーメンは初めて!さっくりしたような、だけどさくっとしたような、それでいて歯ざわりのよい・・・。あたしを見て徐倫。これがあたしの『魂』・・・これがあたしの『知性』・・・あたしは生きていた。」と絶賛していた。
これで1杯たったの2100円というのだからこんなに安くて大丈夫?とこっちが心配してしまうぐらいの驚きの値段だ。
帰りのオルカ号に乗りながら、「辛かったら残しても良いんだぜ。後は俺が片付けてやっからよ。だからまたこのラーメン屋に行こう。」という話で2人で盛り上がった。

せーの、ドン!

ラーメン | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク