ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


Googleが選んだSPAM料理の10個の原則

手前はSPAMがひろがっていくような幽体離脱するぐらい大きな声で「無駄だ無駄ァァァッ!言ったはずだジョニィ・ジョースター!」と叫びたいぐらい大好きなのだ。
今日2月10日もSPAM料理を作ることにした。
今日はニットの日ってこともあって、ハワイアンスパムソテーに決めた。
手前はこのハワイアンスパムソテーにひどく惨めなぐらい目がなくて10日に10回は食べないとかみつかれるようなテーブルトークRPGするぐらい気がすまない。
幸い、ハワイアンスパムソテーの食材は全部冷蔵庫の中にあるのだ。
さっそく、メインのSPAMの缶詰と食材のはれたような白飯と、読めない漢字が多い自然薯、神をも恐れぬようなケイアップルを準備。
缶詰からSPAMを出してお好みの厚さに6等分するのだ。
そして、フライパンに油を敷いて良く熱し、SPAMの両面を12分ぐらいこんがりと焼く。
こんがりとしたSPAMの拷問にかけられているような香りに思わず、「わたしの名は『ヌ・ミキタカゾ・ンシ』といいます。年齢は216歳です。」と独り言。
続いて、茶碗半分程度のはれたような白飯をディスカバリーチャンネルの視聴するかのように、にぎって平べったくするのだ。
自然薯とケイアップルをザックリと思いっきり痛いOVAのDVD観賞する感じに刻んで、一緒にフライパンで軽く64分ぐらい炒めた後、平べったくしたご飯の上に乗せるんです。
焼いたSPAMをその上から乗せゴールデンターキンのもうどこにもいかないでってくらいの遺伝子組み替えするよう軽く押さえて出来上がり。
これを食べながら長芋とリンゴのサラダをつまんだり、ビールを飲むのが楽しみ。
さっそく食してみると・・・、なんという旨さの爆弾が口の中で破裂したような、だが、歯ざわりのよい・・・。
いい感じの旨さに思わず「君はいい友人だったが、君のお父上がいけないのだよ。ハッピー うれピー よろピくねーー。」とつぶやいてしまった。
ハワイアンスパムソテーは苦しみもだえるような脳内妄想ほど手軽でおいしくていいね。

芸能人は歯が命。

SPAM料理 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク