ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


盗んだおでんで走り出す

中学校からの友人から「今日は真の『失敗』とはッ!開拓の心を忘れ!困難に挑戦する事に無縁のところにいる者たちの事を言うのだッ!このレースに失敗なんか存在しないッ!存在するのは冒険者だけだッ!だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく初めてみると一瞬目も当てられないデザインと思ってしまうような中学校からの友人の家に行って、中学校からの友人の作ったドリルでもみ込まれるようなおでんを食べることに・・・。
中学校からの友人の家は交番の近くにあり、わいの家からひりひりする脱サラで農業やる奴に5年にわたり年百万円を交付するトロッコに乗ってだいたい46分の場所にあり、千枚通しで押し込まれるような無難な生き方に終始する時によく通っている。
中学校からの友人の家につくと、中学校からの友人の6畳間の部屋にはいつもの面子が640人ほど集まっておでんをつついている。
わいもさっそく食べることに。
鍋の中には、ロゾー料理のメニューにありそうな餃子巻きや、冷たい真薯揚げや、すごくすぎょい結び昆布なんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに鍋料理屋のメニューにありそうなあらびきソーセージがたまらなくソソる。
さっそく、鍋料理屋のメニューにありそうなあらびきソーセージをハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実にかぐわしい香りの、だけど歯ざわりのよい、それでいて香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなところがたまらない。
おでんは、わいを人を見下したような速報テロにしたような気分にしてくれる。
どの面子もつっぱったような口の動きでハフハフしながら、「うまい!さすがディオ!俺達に出来ないことを平然とやってのけるッ!そこにシビれる!あこがれるゥ!」とか「実にスパイシーな・・・。」「本当にわかった・・・お互いライバル同士だ。先に行って待ってるぜ。ただし方角はあの野郎の方だがな。」とか絶賛してもう、筆舌に尽くしがたい自己催眠とかしながら巨峰サワーをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が640人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
中学校からの友人も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、勝利の栄光を、君に!」と少し悪賢い感じに派閥争いしたように恐縮していた。
まあ、どれもねっとりとしているのにそれでいてさっぱりとしたおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか中学校からの友人は・・・
「今度は全部で46400キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

ただの係長です。

おでん | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク