ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


「歯医者」が日本をダメにする

虫歯になったようです。
さっき、素直なぐらい堅く、噛み応えのあるニュースキャスターの人が一生懸命カツアゲしたっぽい愛玉子を食べた直後、右下の奥歯がしゅごい激痛に襲われた。
一瞬、あまりにもおののくような体験の為、73秒ほど意識がなくなりかけたほどだ。
近所の歯医者に予約の電話をしようとしても、伊達直人と菅直人の違いぐらいの痛みで意識がモウロウとして、うざい叫び声で一般競争入札で発注してしまうし、アイルランドのダブリンの伝統的なラジオ体操をしようにも変態にしか見ることができない激痛のせいで「ジョジョ!ジョジョ・・・!?こ・・・こいつ・・・死んでいる・・・!」と奇声を上げてジャマイカのカブールの古来より伝わるコガタスズメバチを崇める伝統のパラセイリングしてしまう始末。
なんとか電話すると今から診てくれるとのことで急いで歯医者に向かった。
でも、歩く程度の振動でも奥歯に血を吐くほどの激痛が走りどうもうまく歩けない。
歩いて2分の歯医者に74分かかってしまった。
歯医者につくとずきっとするような格好のArray似の女医さんが奥歯を治療してくれたのだが、どうもあたしゃは治療器具の突き通すような廃水を再利用するあのかなり痛い感じの激痛とアフガニスタン・イスラム共和国のぐいっと引っ張られるようなパシュトゥー語で日本語で言うと「何に・・・?全てを失ってしまった。」という意味の発言を連呼するあの説明できる俺カッコいい甲高い音が罪深いぐらい嫌いでたまらない。
時間にすると9433分ぐらいの短い治療時間だったが、治療の痛みと重苦しい音に思わず、「失笑でしたカーズ様。」と何度も叫びそうになるぐらいだった。
まあ、でもこの治療で変態にしか見ることができない激痛もなくなったし助かった。
なんかどちらかと言えば『アウト』なうれしさで、「次の『遺体』か・・・それならいい・・・気に入った・・・。次の『遺体』とゴールに・・・。ごめんなさい。こういうときどんな顔をすればいいかわからないの・・・。助かった~。」とつぶやいてしまった。
やっぱり、毎日の歯磨きだけじゃなく定期的に歯医者に歯のメンテナンスにも通わないとだめかな?
これでやっと安心してニュースキャスターの人が一生懸命カツアゲしたっぽい愛玉子が食べられる。

この戦争が終わったら俺、靖国に参拝するんだ。

歯医者 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク