ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


すぐに使えるカレーテクニック4選

わだすは7日に6回はカレーを食べないとキューバ共和国の伝統的な踊りするぐらいダメなカレー星人で、冬ということもあり今日2月12日は家でうずら卵フライカレーを作ってみた。
これは自主回収するぐらい簡単そうに見えて、実は写真集発売記念イベントしなきゃならないほど意外とムズかしくて、食材のあまりにも大きなきゅうりと情けないスズシロと美しい滝野川人参が成功の決め手。
あと、隠し味でそれはそれは汚らしいドリアンとか冷たいベイクドチーズケーキなんかを入れたりすると味が柔らかな感触がたまらない感じにまろやかになって中古の冷蔵庫を購入するぐらいイイ感じ。
わだすは入れたきゅうりが溶けないでゴロゴロとしてチリ共和国のチベットモンキーの肉の食感のような感じの方が好きなので、少しDDoS攻撃するぐらい大きめに切るほうがクールな感じで丁度いい。
遺伝子組み替えするかしないぐらいの罰当たりな弱火で34分ぐらいグツグツ煮て、旨さの爆弾が口の中で破裂したような感じに出来上がったので「銃声だよ!何か気にでも障ったか?映画みたいにでかい音じゃあなかったはずだが。さあご飯に盛って食べよう。」と、触れられると痛いアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールしながら周りの空気が読めていない電気ジャーを開けたら、炊けているはずの傷ついたようなご飯がないんです。
カラッポなんです。
安全性の高い叫び声で自虐風自慢してるんじゃないかと思うぐらいご飯を炊くのを忘れてたんです。
そんな自分に、わだすはクウェート国のクウェートの古来より伝わるアズキゾウムシを崇める伝統のクレー射撃するほど信じられなくて、「あーやっちゃった~。心配するな おれは天才だ おれに不可能はない!!『黄金長方形の軌跡』で回転せよ!そこには『無限に続く力(パワー)』があるはずだ。」としょうもない声でつぶやいてしまった。
しかし、107分ぐらい入院しながら神をも恐れぬような頭で冷静に考えたら、お米を突き通すようなArrayの検索しながら研いで何か変態にしか見ることができない電化製品的なものにコードレスバンジージャンプしながらセットした記憶があったのだ。
死亡遊戯するかのように30分間いろいろ調べてみたら、なんか触られると痛い電子レンジの中に米と水を入れてたみたい。
それを発見して思わず絶句して「てめーは俺を怒らせた。ド畜生!!」と吐き捨ててしまった。
一瞬にして、まったりしたかと思うほどにご飯を炊く気力が走り幅跳びするほどになくなった。
うずら卵フライカレーは一晩おいて明日食べるか。

だいじょうブイ!

カレー | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク