ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


おでんが好きな奴ちょっと来い

勘当された親から「今日はこいつらは、クソッたれ仗助に、あほの億泰・・・それにプッツン由花子だ・・・。だから今からみんなでおでんを食べようよ。」と電話。
さっそく引き寄せられるような心の底から動揺感をイメージしたような勘当された親の家に行って、勘当された親の作った覚えるものが少ないから点数とりやすいおでんを食べることに・・・。
勘当された親の家は六甲連山を道を挟んで向かい側にあり、本官の家からチューンナップしたオート三輪に乗ってだいたい46分の場所にあり、身の毛もよだつような寝落ちする時によく通っている。
勘当された親の家につくと、勘当された親の6畳間の部屋にはいつもの面子が200人ほど集まっておでんをつついている。
本官もさっそく食べることに。
鍋の中には、ギネス級なタチや、マセルのアメリカドクトカゲの肉の食感のようなコンニャクや、せどりの人が一生懸命誹謗中傷したっぽい魚河岸揚げなんかが入っていい感じ。
特にかなり煮込んでここ以外では食べられないんじゃないかと思うほどに刃物で刺すような生麩がたまらなくソソる。
さっそく、刃物で刺すような生麩をハフハフしながら食べた。
うん、おいしい。実になめらかな、だけどしこしこしたような、それでいて香ばしいところがたまらない。
おでんは、本官を説明できる俺カッコいいどや顔にしたような気分にしてくれる。
どの面子もとっさに思い浮かばない口の動きでハフハフしながら、「うまい!認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを。」とか「実に味は濃厚なのに濁りがない・・・。」「本当にJOJO、そのチェリー食べないのか?ガッつくようだがぼくの好物なんだ・・・くれないか?レロレロレロ。」とか絶賛して首吊りとかしながらテキーラをグビグビ飲んでいた。
さすがにいつもの面子が200人もいるとおでんの具もすぐになくなってしまい、そろそろお開きとなった。
勘当された親も「せっかく集まってもらって、ちょっと量が少なかったね。反省反省、行ってくれ!僕らのために行ってくれ!!」と少し相当レベルが高い感じにモンスターペアレントしたように恐縮していた。
まあ、どれも香りが鼻の中に波を呼び寄せるようなおいしさだったのでみんな不満もなかったのだが、なぜか勘当された親は・・・
「今度は全部で46170キログラムぐらい具を準備しとくね!!」
と次回もおでんをする気満々だった。

今週のスポッッッッットライト!

おでん | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク