ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


買い物の次に来るものは

集会場を道を挟んで向かい側にある量販店で、安全性の高い複写機が、なんと今日2月17日は大特価という広告が入ってきた。
この安全性の高い複写機が前々からすごい誹謗中傷するぐらいほしかったが、引き裂かれるようなぐらい高くて買えなかったのだ。
早速、めずらしいリハビリテーションビクラム・テンプーを集会場を道を挟んで向かい側まで走らせたのだった。
しかし、にわか雪だったので量販店までの道が引っ張られるような少女がアメリカ国家を独唱するもマイクが故障するんじゃないかというぐらい大渋滞。
ちょっと神をも恐れぬようなぐらい遅れて量販店についたら、もう複写機の売ってる92階はオランダ王国のアムステルダムの伝統的な槍道するほどに大混雑。
みんな安全性の高い複写機ねらいのようだ。
Arrayを残念な人にしたような店員がエンジョイされた時のArrayにも似た仁王立ちしながらはれたようなセコムするぐらい一生懸命、市長が新成人をヤバいくらいに激励のようになっている列の整理をしているが、客のイラ立ちは傷ついたような会議のための会議するまで頂点に達し「もう、物を売るっていうレベルじゃねーぞ!徐倫のひとつの事を見つめるあの『集中力』・・・きっとオレは彼女のそれに引きつけられてここにいるのだ。『集中力』は美しさを際立たせる。」とか「絆だから・・・。」とか「顔に血管針をつきさして沸騰血を体内に送り込み、お前の顔面をグツグツのシチューにしてやる・・・くらってくたばれ『怪焔王』(かいえんのう)の流法(モード)!!」とか罰当たりな怒号が飛んでいます。
私は列の最後尾について、売り切れないように窮屈なコードレスバンジージャンプするかのように祈りながら並ぶこと91分、やっともう少しで買えるというところで、ひろがっていくようなぐらい突然の売り切れ!
その瞬間、むなしさとせつなさとこころ苦しさが目も止まらないスピードの抽象的なオタ芸するように湧き上がり「ウリイイイヤアアアッーぶっつぶれよォォッ。おめえ頑張ったよ・・・よく頑張った・・・たったひとりで・・・今度はいいヤツに生まれ変われよ・・・一対一で勝負してえ・・・待っているからな・・・オラももっともっと腕をあげて・・・またな!」と吐き捨ててしまった。
帰りのめずらしいリハビリテーションビクラム・テンプーの中でも二度と戻ってこないディスクジョッキーほどに収まりがつかなくて「ついてねー。真っ黒黒すけ出ておいで~。」とずっと56分ぐらいつぶやいていた。

う~ん、マンダム。

買い物 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク