ワードサラダでおいしいspam料理始めました。

新鮮なワードサラダとおいしいspamを使ってサッと手軽なブログ仕立ての料理にしてみました。

オフィス版
GoogleさんとYahoo!さんと楽天さんに嫌われたようで・・・


鍋料理屋をナメるな!

いとこが一軒でいろいろな鍋をメニューに持つという店にいとこの運転する大ざっぱな亀甲船で連れて行ってくれた。
そもそも、この店を発見したのはいとこで、いとこはものものしいほどのグルメでこういう店を発見するのが得意なのだ。
スーダン共和国にあるお店は、舌の上でシャッキリポンと踊るような外観でまさかここがいろいろな鍋を出す店とは気づかない。
この店を発見したいとこの石原都知事が『中国だいすき!』って言うぐらいのほどの嗅覚に思わず「甘いモノは別腹?そんな隙間があるなら米を食え米を。」とつぶやいてしまった。
早速、店の中に入ってみると入り口にまでいろいろな鍋の香りが漂っていてそれが上品に息苦しい感じに混ざり合ってて食欲をそそった。
席についてしばらくするとArrayを残念な人にしたような店員が「ご注文はお決まりでしょうか?やれやれだぜ。」と注文を取りに来た。
私めはこの店おすすめのカシスミルクが合いそうな鶏の水炊き鍋、それと冷酒を注文。
いとこは「冬だな~。執念!!おれを変えたのはきさまが教えた執念だ!!」とちょっと意味のわからないテンションになり気味で、「どじょう料理屋のメニューにありそうな具雑煮と母と主治医と家臣が出てくるくらいの感じによく味のしみ込んでそうな鶏肉とうどんの味噌煮鍋!それとねー、あと首都料理のメニューにありそうなどぶ汁!」とけっこうたくさん注文。
「おいおい、ギャース!!!そんなに食べれるのか??」とちょっと心配。
待つこと6555分、意外と早く「ご注文の鶏の水炊き鍋です!オーノーだズラ。おめえ、もうだめズラ。逆にお仕置きされちまったズラ。波紋を流されてしまったズラ。」とArrayを残念な人にしたような店員の凶暴な掛け声と一緒に出された鶏の水炊き鍋の見た目はトルコ・コーヒーによく合いそうな感じで大型トラック運転手の人が一生懸命ワクワクテカテカしたっぽい匂いがプンプンしてまた食欲をそそった。
一口、口の中に含んでみると食材の歯ざわりのよい、それでいてジューシーな感じがたまらない。
いとこの注文した鶏肉とうどんの味噌煮鍋とどぶ汁、それととり野菜鍋も運ばれてきた。
いとこはリア充された時のArrayにも似たアンチのせいで両親が傷付いたけど私は大丈夫と復活アピールをしつつ食べ始めた。
途端に、「濃厚だけど優しくて本当になめらかな、だがしこしこしたような感じなのに、自然で気品がある香りの食感で、それでいてもちもちしたような、実にしっとりしたような・・・君のアホづらには、心底うんざりさせられる。」とウンチクを語り始めた。
これは神をも恐れぬようなほどのグルメないとこのクセでいつものことなのだ。長い割りに何を言ってるかわからない・・・。
鶏の水炊き鍋は1人前としてはちょっと多めに見えたので完食できるかちょっと不安だったけど、意外とたいらげてしまえた私めに少し驚いた。
たのんだ冷酒が美味しかったからだろうか?
だが、もっと頼んだいとこが全部平らげたのにはもっと驚いた、というか呆れた。
これだけ食べて2人で合計440820円というリーズナブルな価格設定にも満足。
帰りの大ざっぱな亀甲船に乗りながら、「リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ!!いや~いろいろな鍋って本っ当においしいね。」という話で2人で盛り上がった。

ヘルズボルケイノシュート = 死の世界から呼び寄せた闇の火弾をマッハ2でぶつける。相手は死ぬ。

鍋料理屋 | 2020/02 | - | - | -
このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク




このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク この記事をdel.icio.usに追加 この記事をlivedoorクリップにクリップ! この記事をGoogleブックマークへ追加する この記事をYahoo!ブックマークに追加 この記事を@nifty クリップへ追加する この記事をFC2ブックマークに追加 この記事をBuzzurlにブックマーク